フィリピンのお肉料理をご紹介 留学生も衝撃!豚の○○○○とは?

フィリピン料理ビーフン食べ物
フィリピン料理で一般的なビーフンとライス。真ん中は肉のバーベキューです。

皆さんは、フィリピン料理をご存じですか?私はここに来る以前、一つも知りませんでした。唯一知っていたフィリピンの食品といえば、バナナとかパイナップル。本日はフィリピン料理(主にお肉料理)についてご紹介します!

スポンサーリンク

フィリピン料理の特徴

フィリピン料理は、味が濃いものが多いです。推測するに、フィリピン人がお米大好き人種だからだと思っています。少しのおかずで、ご飯(お米)が何杯でもいける味付けです。フィリピンのお店にはよく、ご飯食べ放題メニューがあるくらいですから…どれだけご飯ⅬOVEだか分かりますよね!

今回は、フィリピンのお肉料理で有名なものをいくつか紹介しますが、もちろん魚料理もありますよ~!マーケット(市場)での魚介類の品ぞろえは豊富です(見たことのない貝とかがあります…)。

バーベキュー(Barbecue/Barbeque)

フィリピンバーベキュー

フィリピン料理のバーベキュー。串にささってグリルされたものをバーベキューと呼びます。

↑上から、鶏皮/トッシーノ(牛肉を甘じょっぱくマリネしたもの)/砂肝

こちらの人がいうバーベキューとは、串に刺さってグリルされたお肉(焼き鳥みたいなもの)のことを言います。肉は鶏肉だけでなく、豚肉、牛肉、豚レバー、鶏レバー、砂肝、ホットドッグ(ソーセージのこと)などがあります。また、ちょっとゲテモノっぽいですが、鶏の腸、首、頭(ヘルメットと呼ばれている)、足(アディダスと呼ばれている)の串焼きや、血を固めたものを焼いた串焼きも扱っています…。鶏捨てるとこなし!Lumpia(るんぴあ)はヘルメット以外は挑戦済みです(笑)。

味はタレ(甘口や辛口)がメイン。

タレは、醤油やカラマンシーと呼ばれる柑橘類の汁、砂糖(もしくはソーダ)、バナナケチャップなどを混ぜたものを使用しています。とてもおいしいです!!

アドボ(Adobo)

フィリピン料理アドボ

フィリピン料理のアドボ。写真は豚肉のアドボです。

お肉をお酢と醤油と砂糖で煮た煮物日本でもありますよね。鶏肉のお酢煮。鶏肉のアドボや、豚肉のアドボ、レバーや砂肝、いんげんのアドボ・・・いろいろあるんです。

アドボの意味は『煮る』。なので、煮物はなんでもアドボと呼んじゃうかんじです。

レチョン(Lechon)

レチョン

レチョンと呼ばれるフィリピン料理、豚の丸焼き。長時間焼いたお肉はジュージーです。

豚の丸焼きです。内臓を取り除いて、お腹に香草などを詰めてから、長時間焼いたもの。直火の上でクルクル回して焼きます(人力で)。皮がパリパリでお肉はジューシー。

Lumpia(るんぴあ)は豚の丸焼きをフィリピンで初めて見ました…日本ではなかなかお目にかかれないですよね。ここに住んでいると、豚の丸焼きを見る機会はとても多いです。レチョンは通常、お誕生日やお祭りなどのお祝いの席で振舞われます。この1頭を1日で食べきっちゃうんだから、フィリピンの催し物はすごい…(訪問者数が半端ないです)。

↓レチョン用のソースをつけていただきます(レバーが使われたぽってりとしたソースです)。

レチョンソース

レバーなどで作られたレチョン用のソース。スパイシーとプレーンがあります。

現地の人に人気のパーツはパリパリの皮です!(すぐなくなるので、早い者勝ち!)

レチョンカワリ(Lechon Kawali)

こちらも豚肉の料理で、水煮した豚肉ブロックを油でよーく揚げたもの。レチョンに似て、外はパリパリ、中はジューシーです。レチョンよりは皮がクリスピーでサクサクしています。

レチョンカワリ

豚のブロック肉を揚げたもの。皮がサクサクになります。

フライドチキン(Fried chicken)

どこのお店でも大体取り扱ってる。すごくメジャーなお肉料理。ほぼ、どこでも買えるといってもいいほど、あちらこちらに売っています。

フライドチキンを売る人

道端でフライドチキンを売る人。フィリピンでは夕方になると至る所で台車つきのお店をみかけます。

「日本人って、クリスマスにフライドチキンとか食べるんでしょ?なんで???」(だって、ふつうのご飯じゃん?)←フィリピン人の心の声

なんて、聞かれることもよくあります。彼らにとっては普通のお食事なんですね。国民食と言ってもいいかも…!?

シシグ(Sisig)

シシグ

フィリピン料理【シシグ】。豚の皮や耳で作られています。

豚の顔の皮、耳などをチョップして、鶏のレバーペースト、玉ねぎ、とうがらし、カラマンシー(フィリピンのミカン)の汁を加えて、炒めたもの。

この間、初めてどうやって作るのか見学させてもらったんですけど、なかなか手の込んだ料理でした。皮や耳を茹でて、丁寧に油や毛を取り除いて、炭火焼きで焦げ目をつけ、サイコロ状に小さくカットして、炒めていました。お店によってはとってもオイリーなので、ご飯なしで食べるのはキツイです。

ディノグアン(Dinuguan)

ディヌグアン

ディヌグアンは鶏や豚の血を使ったシチューのこと

豚の血のシチュー。中にはレバーや内臓などが細かくカットされて煮込まれています。なかなか斬新的な料理だと思いませんか?!味は各お店や家庭によって異なりますが、酸味と辛みがあります。ご飯と一緒に頂くのがおいしいです。私は貧血気味の時に無性に食べたくなります。あっ…なんかドラキュラっぽい事言っちゃった(笑)。

実際には、現地の人でも、見た目がダメ・・・って人も結構います。

 

いかがでしたか?気になる料理はありましたでしょうか?私のお勧めはシシグです!

調味料も、フィリピン特有なものがたくさんあるのでまた次の機会にご紹介したいと思います。

日本ではなかなかお目にかからないメニューもあったと思いますが、どの料理も味付けは比較的、日本人受けしやすい味かと思います。フィリピン訪問の際には、是非チャレンジしてみてくださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また遊びにきてください~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました