留学生・旅行客に人気のシーフードレストラン! Villaはシーフードの町

お皿とコップ食べ物
ブレイクスルーで用意されたお皿とコップ

皆さん、フィリピン料理って言われたら何か思いつきますか?

私は以前、全く知らなかったので、ここに来てゼロから学びました。そして、一番驚いたのがシーフードの充実具合です。

フィリピンも日本と同じ、島国です。海に囲まれているため、シーフードがとっても充実しています!日本のように生ではあまり食べないんですけどね。

本日はフィリピンシーフードを堪能できるお店をご紹介!

スポンサーリンク

Villa beach(ヴィリアビーチ)へ行こう!

ここフィリピン、イロイロにはビーチが沢山!街周辺のビーチは泳ぐためのビーチではないんですが、食を楽しむ事ができるビーチがあるんです。

それはヴィリアビーチ(Villa beach)。イロイロの中心地より車で30分ほどのところにあります(交通の混み具合により異なる)。このビーチ通りには、あちこちにシーフードレストランがあります。どこで食べるか迷ってしまう〜!だけどその中で、留学生や外国人観光客、もちろん現地の人々にも、とても人気のレストランがあるんですよ。

それは【Breakthrough(ブレイクスルー)】というシーフードレストラン。

ブレイクスルー(Breakthrough)に行こう!

ブレイクスルーにはVilla行きのジプニーに乗ると行くことができます(街中をぐるぐる回って行くので少し遠く感じるかも…)。Villa行きのジプニーは〇がついている十字路(現地人がストップライトと呼んでいる場所)周辺で乗れます。地図の左方向に向かって走っています。

ブレイクスルー地図

ブレイクスルーの地図。市の中心部からはそこまで遠くない。

ジプニードライバーに『ブレイクスルー』といえば、降りるところで教えてくれます。運賃はこの十字路から乗った場合12ペソ(約26円)ほどです(2019年現在)。

ブレイクスルーに潜入!

ジプニードライバーが、「ここだよ」って降ろしてくれたのは道がT字路になった部分。そこにブレイクスルーはありました。

大きな看板と、その奥に広い敷地が広がっているのですぐ分かります。

ブレイクスルーの入り口

フィリピン、イロイロ市で人気のシーフードレストラン【ブレイクスルー】。

敷地にはお店のプライベートビーチが!(でも泳ぐためではないかな…残念ながら水が汚いです。)料理を待っている間などにビーチを散策できます。海の向こうにはマンゴーで有名なギマラス島が見えます。

ブレイクスルーのプライベートビーチ

ブレイクスルーの敷地内にあるビーチ。ビーチはきれいに掃除されています。

お店全体がこのビーチに沿って長ーーーく建てられています。そしてやはり、ビーチサイドに最も近い席が一番人気です!週末でも早めの時間(お昼なら11時頃)なら空いていますよ。

夕方は夕日を見ながらお食事ができるので、それも人気の理由の1つなんです。

オススメメニュー

店員さんにオススメのメニューを聞くと、Fresh Fish(活魚)だということ。

メニュー表記が英語じゃなかったので、う〜む…???!と悩んでいると、店員さんが生け簀に連れて行ってくれました(英語表記であっても魚の名前はよく分からないLumpia(るんぴあ)です)。

店内に生け簀がいくつかあり、そこにお魚の名前と値段(1キログラム当り)が記載されています。実際にお魚を見てもその魚が何なのか、全く分からないという残念なLumpia(るんぴあ)…(笑)。

分からない尽くしなので、今回はこのお店で一番人気と店員さんが教えてくれた、Pompano(ポンパノ)というお魚をオーダーしました。おススメを頂いとけば、間違いないですよねっ☆

オーダーすると、その場でお店のスタッフがお魚を捕まえてくれます。大きさの確認をして、OKなら重量を測り値段を提示してくれるというスタイル。

ポンパノの生け簀

ポンパノを生け簀から捕獲したところ。お店のスタッフが捕まえてくれます。

↑ビチビチしすぎて、スマホカメラのシャッタースピードがおいつかない(笑)。

そして、焼くか、蒸すかの料理方法を聞かれます。分からない事だらけなので、またまた店員さんに聞くとPompanoは蒸すほうが美味しいらしい。

「じゃあ、それでお願いしま〜す!!」

…店員さんのオススメにありがたく乗っかりました。

そしてもう一つ、オススメしたいお魚がLapu-Lapu(ラプラプ)というお魚。なんの魚だと思いますか!?

ラプラプの生け簀

ラプラプの生け簀。ラプラプは日本語でハタ。

何と!!!この子‼‼日本では高級魚の

ハタだったんです!!!!

日本人や韓国人がこぞってオーダーすると聞きました。値段は1キログラムあたり1280ペソ(約2720円)。味はクエに似ていて本当に美味しいらしい(クエも高級魚ですよね…)。

魚の他にもカニやエビの生け簀もあります。オーダー形式はお魚と同じ。

 

ショーウィンドウもあるので、ここから料理を選ぶ事もできますよ。

ブレイクスルーのレチョン

ブレイクスルーにはレチョンもあります。レチョンとは豚の丸焼きのこと。

↑フィリピンでお祝い事にかかせない、レチョン。豚の丸焼きです。パリパリに焼かれた皮が一番人気の部分。

 

ブレイクスルーのシーフード料理

ブレイクスルーにはシーフード料理が豊富にあります。

↑シーフードももちろん充実!イカ墨のお料理やエビのお料理などが並んでいました。

いざ実食!

今回Lumpia(るんぴあ)がオーダーしたもの。それは…

 

Grilled Scallops  275ペソ(約583円)

ホタテ(scallops)のニンニク焼き。大きさは日本のホタテに比べて小さいです。全部で9枚ありました。お味はニンニクバターでとっても美味しかった~!

ホタテガーリック焼き

ホタテとガーリックバターの相性が抜群。

Kurusan live steam  187ペソ(約396円)

カニ(多分ワタリガニ)を蒸したもの。活魚コーナーより捕獲、料理してもらいました。小さいカニを選んだけど、大きいのにすればよかったな~…小さいと食べるところがそんなにないです(笑)。

ワタリガニ

ワタリガニを蒸したもの。

 

Pompano live  800ペソ(約1696円)

英語名は不明だが、調べたところによるとスズキ目アジ科に属すお魚らしい。白身魚で淡泊なお味。生姜の効いたソースとの相性が最高で、美味しかったです。魚のお腹にトマトや玉ねぎが詰まっているのはフィリピンならではのお魚調理法。他のお魚を料理する時にも詰めています。

ポンパノ料理

ポンパノという魚を蒸したもの。

 

Garlic Rice  100ペソ(約212円)

ガーリックライス。塩気は控えめ。他の料理と食べるのでしょっぱくなくて良かったです。量はお茶碗山盛り2杯くらいはあるかも。3人でシェアしましたが十分な量でした。

ガーリックライス

ブレイクスルーのガーリックライス。

その他、ソーダ缶 45ペソ(約95円)

レッドホース(フィリピンビール) 65ペソ(約138円)

です。この量、家族3人で食べ切りました!もうお腹いっぱい…。

しかし、もし食べ切れず残してしまっても大丈夫!残り物はテイクアウトができます!!

フィリピンでは残り物を持ち帰る文化があります。どこのお店でもできます。持って帰ります、とお店の人に言えば包んで持たせてくれますよ!※気候が暑いので、食品がいたむこともあるので気をつけて!食べる前には必ず臭いチェックを!←野性的(笑)

 

今回、このブレイクスルーレストランでお食事をしてみて思ったこと。それは、お料理の選択肢が思っていた以上に豊富だったので、何度か通って違うシーフードも食べてみたいなぁ〜…ということ。フィリピンのお食事相場を考えると値段はお高めですが、お誕生日など、特別なお祝いの席なんかには良いかもしれませんね。また行きたい!!

店の様子

店内はとっても広く、スタッフもそこら中にたくさんいます。

ブレイクスルー店内一部

ブレイクスルーの店内(一部)。席は沢山あります。

写真はお店の一部。個室のような場所(フィリピン式コテージ)もありました。子供用の遊具スペース(ちょっとした公園?)がビーチサイドにあったりもします。うちの息子はビーチと活魚の生け簀に夢中でしたが…(笑)。

お店の営業時間は午前10時~午後9時まで。定休日は基本的にないです。イロイロ市内にブレイクスルーというお店が何店舗かあるみたいなので、タクシーでこのシーフードレストランに行く時は、ヴィリアのブレイクスルーと伝えてくださいね。

(オマケ)…調べてみました!

メニュー(LIVE FISH:活魚)にあるお魚たちを日本語に訳してみました!ブレイクスルーに行く際に役立てて頂けたらと思います。

~活魚~

【お魚】※()内は英語、→の後が日本語です。

・Lapu Lapu(Grouper)→ハタ(赤い斑点があり、キジハタに似る)

・Gingao(Snapper)→フエダイ

・Managat(Mangrove Snapper)→マングローブスナッパー

・Canlay(Barred Snapper)→ストライプの模様があるフエダイの仲間

・Sibingan(Marlin)→カジキ

・Tangegue(Spanish Mackerel)→サワラ

・Lukos(Squid)→イカ

・Lukon(Prawns)→大きめのエビ(テナガエビやクルマエビなど)

・Pompano(英語名なし)→アジの仲間

・Lison(Giant Trevally)→アジの仲間

・Bulgan(Sea Bass)→スズキ科(ハタ、スズキなど)の総称

・Quequero(Spade Fish)→マンジュウダイ

【貝、カニなど】

・Diwal(Angel Wings Clam)→テンシノツバサガイ

・Imbao(Fresh Water Clam)→シジミ

・Malinday(Nylon Shell)→ナイロンシェル(アサリみたいな貝)

・Kueusan(Christian Crab)→クリスチャンガニ

・Kasag(Blue Crab)→アオガニ

・Alimang(Mud Crab)→ノコギリガザミ

~その他メニュー~

・Bangus(Milkfish)→サバヒー

・Pantat(Fresh Water Catfish)→淡水産ナマズ・Talaba(Oyster)→カキ

・Pasayan(Shrimps)→エビ

・Lampirong(Scallops)→ホタテ

 

ああ~、魚の名前って難し…( ;∀;)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 に参加しています。ポチ☆っとしていただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました