フィリピンのもち米料理ヴァレンシア―ナ レシピを公開します!

ヴァレンシア―ナ食べ物
ヴァレンシア―ナのお弁当

本日はフィリピンのおこわ⁉️Valenciana(ヴァレンシア―ナ)についてご紹介します!

もち米と色々な種類のお肉のハーモニーがたまらない、本当に美味しいフィリピンフードです!

日本で手に入る食材なので是非、挑戦して頂きたい!レシピも掲載します!

スポンサーリンク

フィリピンのもち米料理、Valenciana(ヴァレンシア―ナ)とは

フィリピンで特別な日(フェスタや誕生日など)に振舞われる料理です。

 

その名前から推測するに、元はスペイン南東部のバレンシア地方の料理だったのかな?!と思っているLumpia(るんぴあ)です。

 

あの有名な料理、『パエリア』

 

実はバレンシア地方発祥の料理なんですよ。そして、フィリピン料理のヴァレンシア―ナもまさに、もち米を使ったパエリアに似た料理なんです。

 

その昔、フィリピンはスペインの植民地でした。

そのため、ここフィリピンでは建築物や食べ物、人、文化、言語など多くの面でスペインを感じることがあります。

 

大昔から大事に受け継がれてきた料理。なんだかとてもありがたい気持ちになりますね~!

 

日本でも作れると思うので気になる方は是非作ってみてください!レシピを公開します!!

フィリピンもち米料理ヴァレンシア―ナに欠かせない『ターメリック』

ヴァレンシア―ナにはターメリックが使用されています。そのため、ご飯の色は黄色になります。

まずはフィリピンでも多く生産されているターメリックについて、ご紹介します。

 

ターメリックとは

ターメリックは比較的有名なスパイスのひとつなので、ご存じの方も多いと思います。

 

インドが原産のスパイスで、日本では『ウコン』と呼ばれています。

 

黄色い色とちょっとピリっとした味が特徴的で、カレーなどに使われています。

 

フィリピンでは、ショウガやターメリックが多く採れます。ショウガとターメリックはご親戚。

見た目もそっくりなんですよ!ショウガより気持ち小ぶりで細身です。

 

フィリピンでマーケットに行くと、生のターメリックを購入することもできます。

 

日本でもパウダー状のターメリックはどこでも購入できますよね。

 

実際の話、ターメリックはパウダー状のほうが断然使いやすいです。

生のターメリックはお茶などにして成分を抽出するだけならいいんですが、料理には向かない。固くって、生姜のようには食べられないんですね~。

 

また個性が強め(?)なので、もし間違えてかじっちゃうとピリっとしてちょっと苦い独特な味がします。

 

なので、お料理には断然、パウダーの方がいいんですよ!

 

ターメリック

ターメリック

ターメリックの効能

クルクミンという成分が二日酔いに効くとされています。

 

日本でも、クルクミンを抽出・濃縮したドリンクやサプリメントが二日酔い対策の製品として販売されていますよね。

 

クルクミンには肝機能を助ける役割があるといわれていますが、同時に取りすぎによって肝障害を引き起こす可能性があるとされているんです。

 

しかし、実際のターメリック(パウダーなど、濃縮されていないもの)に含まれるクルクミンの量はごくわずかなんですよ。

 

ドリンクやサプリメントの取りすぎは副作用を招く可能性があるので、取りすぎないように気を付けてください!

 

そのほかにも、抗酸化作用、抗炎症作用、脳ホルモンの活性化、抗がん作用、アルツハイマー予防、うつ状態の改善、心臓病の予防など様々な効果があるとされています。

 

すごいスパイスであることには違いない!

 

だけど実際、体に良いとされているターメリックをどのように生活に取り入れればいいのか…そこが問題ですよね。

 

Lumpia(るんぴあ)は恥ずかしながら、最初はカレー以外の料理は思いつかなかったんです…

 

ここで、

 

Lumpia(るんぴあ)がフィリピンで新しく習得した料理ヴァレンシア―ナ】のレシピを紹介します!日常生活にターメリックを取り入れる一つの手段として、参考にしていただけたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました