【海外渡航に潜む危険と実際】フィリピンの犬アスカルとは?リスクとその対策

おっぱいを飲む子犬感染症・医療情報

皆さん、犬や猫はお好きですか?

 

フィリピンにはアスカルと呼ばれる【犬】がたくさんいます(もちろん、猫もたくさんいます)。

 

アスカルは性格は従順で温厚な犬が多いですが、その多くは放し飼いです。

 

「放し飼いの犬が多い事」には「いくつかのリスク」が潜んでいるとも言えます。

 

本日はフィリピンの犬【アスカル】と、【アスカルに潜むリスクとその対策】をお話します。

 

 

フィリピン渡航前、いいえ、海外渡航前には必ずチェックして欲しい内容です。是非一読をお願いいたします。

フィリピンの犬、アスカル

犬

フィリピンの犬アスカル

Askal(アスカル)と呼ばれる犬、それはフィリピンの野良犬のこと。

 

『道端にいる犬』というタガログ語から生まれた単語なんです。

 

 

野良犬といっても、実際にはオーナーがいたりします

 

 

要は、放し飼いされている雑種犬のことを総称してアスカルと呼んでいるんです。

 

 

彼らにはテリトリーがあり、多くの場合テリトリーから外には出ません。

 

 

人が生活している場所には必ずいるので、フィリピンの道端でアスカルに出くわす確率は100%です。

アスカルの性格

フィリピンの犬【アスカル】全体に対して、Lumpia(るんぴあ)が抱いた印象。

 

それは『従順』『フレンドリー』『賢い』です。

従順

フィリピンの犬のほとんどがご主人に従順です。

 

近所に買い物にいく飼い主の後ろをついてまわっているのをよく見かけます。

 

基本的に放し飼いなので、普段は自由奔放に動き回ってはいるんですが…ご主人がお出かけの際には主人の傍にいて見守っています。

フレンドリー

猫パンチ

猫パンチを繰り出す猫と猫と遊びたい犬

もちろん、犬の間でテリトリーがあるので喧嘩(?吠えて追い払ったりする程度)もしますが、基本的にはフレンドリーな印象。

 

ご近所の犬同士は仲良く良好な関係を築いていることが多いです。

 

異種間(犬と猫)でも、お互いにほどよい距離を保って、仲良くしています。

 

上写真は猫パンチをされている犬の写真ですが、やんちゃな犬は猫とも遊びたいみたい?(猫はいつも迷惑そうに付き合ってあげています…笑)

 

ただ、フィリピンには【人に撫でられる犬や猫は少ない】ので、人に対してはそこまでフレンドリーではないかも…。

 

かといって、人が何もしなければ、唸ったり、引っ掻いたり、噛みついたりはしません。

 

実際には人間に対して恐怖心をもっている犬が多いです。

 

 

フィリピン人の犬に対する躾(?)は厳しく、足で蹴ったりする人がよくいます

だから、人間を怖がる犬が多いんだと思います。

賢い

アスカルは賢い子が多いです。物覚えも早いですし、飼い主のいう事もちゃんと守れる子が多いです。

 

日本のようなペットブームも到来しつつありますが、アスカルは基本的に外犬で【番犬】としての役割が強く、外に放し飼いされている事が多いです。

 

 

夜中など暗いときは番犬をしっかりやっているので吠えたりします。

 

私は夜中歩いていたら、追いかけられた事があります。

 

無視して冷静を装っていたので何もありませんでしたが、やっぱり少し怖かったですね。

 

きっと犬も同じ気持ちだったと思います。暗がりに急に人間が現れたらびっくりしちゃいますよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました