フィリピン誕生日の習慣について!〇歳は盛大にお祝いします!

ケーキフィリピン情報
カラフルなケーキが沢山!

フィリピン人はパーティーがとってもお好き!しょっちゅうパーティーをやっているようなイメージがあります。本日は、フィリピンの誕生日の習慣についてお話しします!

スポンサーリンク

誕生日どう祝う?

フィリピン人にとって誕生日はとても大切な日です。生まれてから毎年きちんとお祝いしますし、亡くなってもお祝いされてるんですよ。亡くなったおばあちゃんの誕生日会とかも、きちんとケーキを買ってしてます。

人生における誕生日で特に、1歳、7歳、18歳(女性)、21歳(男性)は人生で最大と言っていいほど豪華な誕生日パーティーを開きます。もちろん、誕生日は毎年お祝いするんですが、その歳は本当に盛大です。

それ以外の歳の誕生日は家族だけで祝う人もいれば、友人まで招く人もいます。家族だけといっても親戚一同あつまるので、ものすごい人数になるのが普通です(笑)。

節目の歳の盛大な誕生日パーティーには家族だけでなく、学校の同級生や先生、友人や両親の友人…色々な人が招待されます。各家庭の経済状況にもよりますが、その家で出来る最大限大きいお誕生日会を用意するのがフィリピン誕生日の風習です。

誕生日ケーキ

誕生日ケーキとカップケーキ

誕生日パーティーの主催者は…

誕生日パーティーの主催者は、子供の場合は両親や親族です。

大人の場合は、なんと、本人が主催します!誕生日パーティーだけではありません。例えば引っ越しするときや転職する時のグッバイパーティーなんかも、去る人本人が主催するんですよ(お金は主催者の自腹)。日本ではない感覚ですよね!

誕生日に食べる料理

レチョン

豚の丸焼き。お祝いの席では欠かせないフィリピンのTHEお祝いフード!1頭ドーンと用意され、その場でカットされて訪問客に振舞われます。こちらを参照↓

フィリピンのお肉料理をご紹介 留学生も衝撃!豚の○○○○とは?
皆さんは、フィリピン料理をご存じですか?私はここに来る以前、一つも知りませんでした。唯一知っていたフィリピンの食品といえば、バナナとかパイナップル。本日はフィリピン料理(主にお肉料理)についてご紹介します!

スパゲッティー

長寿を願って、誕生日に何か長い食べ物を用意するのがフィリピン流。フィリピンのスパゲッティーは練乳が入ったトマトソース。甘口です。フィリピン人が大好きなチーズもたっぷり入った高カロリーフード!日本人は好き嫌いが分かれると思います。麺は柔らかめな印象で、日本の給食のソフト麺みたいなかんじ(ソフト麺知ってますか…?・笑)。

フルーツサラダ

フルーツやマカロニ、コーンなどがマヨネーズと練乳で和えられたもの。各家庭によって味が違います。通常冷やして冷たいものを頂きます。デザート感覚…なのかな?

ケーキ

日本でもお誕生日に欠かせないケーキ。フィリピンでももちろんケーキは必須!子供用につくられたケーキ(特に盛大なパーティー用)はカラフルで、パーティーのコンセプトに合わせて作られます。

フィリピンのケーキは、日本のケーキとは少し違います。日本のものより重たいです(ずしっとしている)。スポンジがしっとり重たいものが多く、ケーキのサイズも大きいです…。誕生日パーティーではそれ以外に、小さいカップケーキも振舞われます。

ケーキ屋さん

ケーキ屋さんのケーキたち

その他のフィリピン料理

もちろん誕生日にたべる料理は上にあげたものだけではありません。様々な種類のフィリピン料理が用意され、お客さんに振舞われます。ケータリングサービスを利用する人もいれば、各家庭で用意する人もいます。

誕生日パーティーをする場所

自宅でする人、ホテルを借りてする人、リゾートでする人、レストランでする人…人によってさまざまです。「誕生日の人は半額」なんていうレストランもあるので、フィリピンで誕生日を迎る事があったらトライしてみてくださいね(証明書が必要…日本人なら多分パスポートかな?)。

リゾートでの誕生日

リゾートでの誕生日パーティ

盛大なパーティーの内容

フィリピンでは1歳、7歳、18歳(女性)、21歳(男性)の誕生日は盛大に祝われます。

なぜこの歳に盛大な誕生日パーティーが開かれるか…

【1歳】

1歳の誕生日は赤ちゃんにとって「初めての誕生日」という重要な誕生日であるため、とても大きな誕生日会が開かれます。

【7歳】

7歳は、幼稚園を卒業して小学校に入学する歳。子供たちは社会への第一歩を踏み出すという、節目の歳です。そのため盛大に祝われるようです。

【18歳・21歳】

フィリピンでは女性は18歳、男性は21歳に成人を迎えるため、大人になる歳として盛大に祝われます。実際に21歳(男性)の誕生日パーティーはあまり行われていないようです。男性陣はパーティーにお金を使うより、現金としてもらう方が良いという理由らしい(噂です)。

盛大な誕生日パーティーの内容

招待された人々はプレゼントを持って会場を訪れます。プレゼントは直接手渡しせず、プレゼントを置く専用の場所に置くのが普通です(誰からか分からなくなるのでバースデーカード必須)。会場は通常、デコレーションされていて、主役の人はドレスアップします。ドレスコードは特にありませんが、ラフな格好は避けた方がいいかも。ドレスコードがある場合は事前に知らされます。

誕生日会の様子

誕生日会の様子

MC(司会)がパーティーを進行します。主催者によってパーティーの内容は多少変わりますが、だいたいの流れとしては、前座があり、お祈りをしてからの食事、食事をとりながら催し物、最後に招待客がプチギフトを貰って解散…という流れになります。日本の結婚式みたいですよね~!

一体いくら使っているんだろう…。相当なお金がかかっているはずです。

1歳、7歳の誕生日パーティーに行ってきた

Lumpia(るんぴあ)は息子がちょうど7歳のときフィリピンに居たということもあり、今まで数多くの誕生日パーティーに招待されました。1歳の誕生日パーティーに行ったことも数回あります。その時の様子を写真と共に紹介します。

会場

会場はホテルのパーティー会場やリゾート、学校の広場、家など色々な場所で行われていました。1歳、7歳の誕生日は本当に気合が入っています。それぞれにコンセプトがあり、ディズニープリンセスやゲームのキャラクター、ヒーローなど…主役の子が大好きなキャラクターをイメージした会場が作られています。

シンデレラ

シンデレラがテーマ

食事

食事は上に書いた通り、フィリピンのパーティーで振舞われるメジャーなお食事だったり、子供用として別にジョリビ―(フィリピンのファーストフード)が用意されていたり…様々です。

ダンス

特に、主役が女の子だった場合…ダンスをすることが多いです。7歳の誕生日なら7人の男性とダンスを踊ります。男性は前もって選ばれています(同級生や親族などから選ばれます)。

男性はそれぞれ1本のバラを持っていて、ダンスの前に主役の女の子にあげてからダンスをします。最終的に7本のバラが主役の子に渡ります。

誕生日が18歳なら、主役の女性は18人の男性と踊り、18本のバラをもらいます。

ドレス

ドレスを着た主役の女の子

願い事

これも女の子の誕生日で行われる事が多かったんですが、主役の子に訪問客が願い事を言うという儀式(?)。

ろうそくを持った招待客たちが「主役の子にこうなってほしい、こういう子になってほしい」といった趣旨の願い事を唱え、主役がそのろうそくの火を消すんです。

これも7歳なら7人の招待客があらかじめ選ばれています。「お母さんのいう事をしっかり聞いて素敵な女性になりますように!」といった感じの願いをろうそくの火の元に唱えます。

18歳なら18個の願いがかけられるんだと思います。

手品

フィリピンの誕生日といったら(?!)、手品!!ほぼ、と言っていいほど手品師が雇われていて、マジックショーが開かれます!毎回似たような手品なんですが、子供たちは毎回目を輝かせてみています(笑)。

ゲーム

クイズをしたり、ゲームをしたりして、勝者の子供たちは景品をもらうことができます。みんなが平等に景品をもらえるように配慮されています。

フィリピン特有のゲーム【Pinata(ピナータ)】

箱の中にキャンディーやコインが入っていて、主役が紐を引っ張ると箱が開く仕組み。日本で言ったらくす玉みたいなイメージです。箱の中からこぼれおちたキャンディーなどのお菓子や、コインを子供たちが一斉に拾うというフィリピンでは十八番なゲームです。

ピナータ

ピナータというゲーム

フィリピン特有のゲーム【Pabitin(パビティン)】

木枠にビニール袋に入ったお菓子などがくっついていて、子供たちがそれをジャンプして取るゲームPabitin(パビティン)もよく行われます。いつも写真を撮ろうと試みますが、あっという間に終了するのでいつも撮れない(笑)。

その他のゲーム

他にも椅子取りゲームや、風船つぶしゲーム(お尻に敷いて風船を割っていくゲーム)、長いラインをつくって競うゲームなど様々です。

プチギフト

誕生日パーティーの終わりには主催者からのプチギフトが配られて、会はお開きとなります。お菓子などが入った小袋だったり、オリジナルプリントが施されたポーチやタンブラーだったり…家庭によって違います。

誕生日のギフトには…

お誕生日のプレゼント、一体何がいいの?!

Lumpia(るんぴあ)が初めて招待されたときに一番迷ったポイントでした。

しかし、基本的に何でもいいんです。子供の誕生日会にはおもちゃ、洋服あたりがメジャーなプレゼントです。私は毎回迷うので(招待してくれた子の好みがまず分からない…・笑)、いつも女の子にはヘアアクセサリー、男の子にはトイカーなどにしています。

学校でバースデーパーティー!?

誕生日はフィリピン人にとって、とても重要な日!実は、学校でもバースデーパーティーが開かれるんです。もちろん主催者(子供の両親)が全部を用意するわけですが…

通常、ランチタイムに開催されるので、主催者はクラスメイト全員と先生のランチを用意します。ゲームをしたり歌を歌ったりしてお祝いし、一緒にランチを楽しむといったシンプルなものです。その際、前もって連絡するのでクラスメイトからプレゼントが貰えたりもします(全員ではないです。気持ちなので、くれる人は…といった感じ。)

学校の誕生会

学校の誕生会

学校で行うバースデーでは、ジョリビ―やマクドナルドなどのファーストフードが人気。各ファーストフードでは誕生日パーティープランを用意しています。お店のマスコットやMC(司会)を店側が用意し、パーティーの進行からお食事まですべてお任せできるんです。便利ですね~!フィリピンならではのサービスなんじゃないかな?

いかがでしたか?

国が違えば、お誕生日のお祝いの仕方も違いますよね!Lumpia(るんぴあ)は最初、この風習になかなか慣れなかったですが、最近は急なパーティーにも対応できるようになってきましたよ(笑)。日本で子供の誕生日パーティーをすることがあったら、フィリピン式ゲーム試してみませんか?!盛り上がること間違いなしです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 に参加しています。ポチ☆っとしていただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました