待ちきれないっ⁉フィリピンのクリスマス!フィリピンクリスマスの過ごし方

フェスティブウォークのクリスマスツリーフィリピン情報
フィリピン、イロイロ市のフェスティブウォークに飾られているクリスマスツリー。

こんにちは、Lumpia(るんぴあ)です。皆さん、クリスマスのご予定はもうお決まりですか?Lumpia(るんぴあ)は家族でまったり過ごそうと思っています。

本日はフィリピンのクリスマスについて、お話していきま〜す!

スポンサーリンク

あなたにとってのクリスマスって?

Lumpia(るんぴあ)のクリスマス。

〇子供時代→サンタさんが夜にくると信じてやまないTHEピュア少女。サンタさんの長靴に入ったお菓子詰め合わせで大満足。(今でも売ってるのかな??)

〇恋人ない年→ぼっちクリスマスと言われようと、ケーキは欠かさない。友人とお食事&ガールズトーク(ただただ楽しい!)。

〇恋人ある年→ロマンティッククリスマスを期待するも、いつもと変わらない現実にガッカリ(←夢を見すぎだったらしい。漫画脳バンザイ•笑)

〇子供ができてから→献立とケーキ獲得に必死。プレゼントを隠すのも必死(←サンタさんが来るスタイルを貫いている。いつまで続けるか悩み中。)←今ココ!

なんとなく誰かとお祝いしたり、ケーキ食べたりしてみてますが、正式な祝い方はいまだに分かりません!ただただ『雰囲気を楽しむスタイル』を幼少期から30何年間繰り返してます。

みなさんのクリスマスはどんな感じですか〜!?

クリスマスの準備期間!?

うって変わって、ここフィリピンではクリスマスはとーっても大切な日!カトリックの重要な日なので盛大にお祝いをするんです。準備期間も長い長い!!!

日本では、街がクリスマス色に変わるのってだいたい11月からですよね(ハロウィンが終わったら)。

フィリピンではハロウィンをすっ飛ばして(?)9月から始まります!

9月になった瞬間から、店の音楽はクリスマスソング一色。店にクリスマス用品が並びはじめ、じわじわと街全体がクリスマス仕様に変更されていきます。

クリスマス飾り

店内では多くのクリスマス飾りが売られています。

これは『BER』MONTHS(BERの月)とよばれるもの。

英語で各月の名前はこうですよね。↓

January(1月)

February(2月)

March(3月)

April(4月)

May(5月)

June(6月)

July(7月)

August(8月)

September(9月)

October(10月)

November(11月)

December(12月)

berがつく月になると、ここフィリピンではもうクリスマスの始まりを意味するんです。4か月間、ここではクリスマスムードです。1年の1/3ですよ!世界で一番長いクリスマスなんじゃないかな〜!??

 

 

フィリピンのクリスマスシンボルはきらきら☆

フィリピンのクリスマスのシンボルはキラキラお星さま!!!

その名をパロル(PAROL)といいます。名前はスペイン語のfarolに由来しています。farolはランタン(照明器具)という意味。星の形を基本としたデザインで、中にはライトが入っています。

フィリピン伝統のクリスマス飾りです。

貝殻パロル

貝殻でできたクリスマス飾りのパロル。

↑デパートに売られている貝殻でできたパロル。とってもキレイ〜!

昔ながらのパロルは竹や紙で作られていますが、布製の物や貝殻でできた物などもあります。

星型パロル

星形をしたフィリピン伝統クリスマス飾りのパロル。公園にて。

↑こちらは布製のパロル。おじさんたちが、ちょうど飾りつけをしている最中でした。夜になったらライトアップされるこの飾り。クリスマス気分を盛り上げてくれます。 

リサイクルパロル

リサイクル用品で作られたフィリピン伝統のクリスマス飾りパロル。

↑リサイクル用品でできたパロル 

リサイクルパロルや、リサイクルクリスマスツリーなども、ここでは作られています。素材は使用済みのペットボトルやストロー、CDなど。各地域でその完成度を競うコンテストもあるんですよ!

生徒の手作りパロル

学校で生徒の手によって作られたクリスマス伝統飾りのパロル。

↑学校では生徒が手作りでパロルを用意し、飾ることも。ストローや紙、プラスチックでできています。学校でももちろん、クリスマスを祝うイベントがあります!

フィリピンのクリスマス、どう過ごす?

フィリピンのクリスマスは祝日です。

前日の12月24日(Christmas Eve)と、25日(Christmas Day)は共に祝日。

しかし!フィリピンの本格的なクリスマスのお祝いはすでに始まっています!

公式的なクリスマスのお祝いは12月16日のMass(カトリックのお祈りの日)から始まります。そして最後のクリスマスMassは25日のChristmas Day。

しかし、その後もカトリックのお祝いは続き、新年をまたいで1月7日目で終了します(Epiphanyというお祝い期間、『3人の王の宴』期間です)。

フィリピン人のクリスマスは教会にお祈りに行ったり、教会で歌を歌ったりして、家族と過ごすのが一般的です。

日本みたいに恋人同士でロマンティッククリスマス…みたいな習慣はなさそう?!(もちろんプレゼント交換なんかはしてますよ!)クリスマスの日(12月24、25日)は通常、ショッピングモール、レストランなどは早く閉店しちゃうんです。そんなこともあって、クリスマスラブラブデートなんてのは出来ないんですよね…国民みんなにとってクリスマスは本当に特別な日。早く帰って家族みんなでお祝いしなきゃね!

24日から25日にかけては、寝ないで過ごす人が多いです。クリスマスイブの午後、教会に行った後にクリスマスの食事を頂き、皆でお祝いします。家族でのお祝いが終わったら、親戚や友人のところへ顔をだし、共にクリスマスを祝うんです。

このとき、子供や家族にプレゼントをあげたりもします。フィリピンのクリスマス商戦は本当にすごい!12月になると、これでもかってくらいプレゼントを買い込む人が続出(大家族だから)。ショッピングモールは鬼のように混みます!!!

クリスマスのお食事

クリスマスの食事と言ったら!?日本ではローストチキンやローストビーフ、フライドチキンなどが多いですよね。

ここフィリピンではハムとチーズ!

これはクリスマス用の特別なハムとチーズ。両方とも球体で結構いい値段します…パンと一緒に頂きます。チーズはQueso de Bolaという名前の球体のチーズ。しょっぱいです。

クリスマス用ハム

フィリピンのクリスマスに欠かせないハム。

↑クリスマス用のハム。でっかくて重たい。砲丸投げの球みたい…

クリスマス用チーズ

フィリピンのクリスマスに欠かせないチーズ。

↑【Queso de Bola】クリスマス用チーズ。丸くて周りを赤い蝋でコーティングされています。蝋部分は外して頂きます、

他にもレチョンやフルーツサラダ、フィリピンスパゲティ(甘口のトマトソースのスパゲティ)、ケーキなど、お祝い事に欠かせないメニューもたくさん!もちろん、お酒もいただきます。各家庭でこのようなご馳走を用意し、皆でお食事を楽しみます!そして訪問者にも振る舞われます。

クリスマスが待ちきれない!

9月になったとたん、「Merry Christmas!!」と言い、12月が近づくに連れて気分も最高潮!教会では歌やダンスの練習も始まります。今年も盛大に祝うクリスマスがすぐそこに…!!?(あと2ヶ月)。国が違うとお祝い方法もお食事も全然違いますよね!

夏の気候でクリスマスソングを聞く違和感はいまだにありますが、Lumpia(るんぴあ)もフィリピンのクリスマス、楽しんでます!

クリスマスに予定がなくても、たとえ1人でも「なんか寂しい~、切ない~」みたいなあの感じは全くありません。9月から始まる長すぎる(?)クリスマスと、暑い気候のおかげかな?!

寒い国からフィリピンにあったか(暑い?)クリスマスを過ごしにくる旅行客も結構いるんですよ!日中は半袖で大丈夫ですが、この時期の夜は冷えるので長そでが必要です。クリスマスシーズンにフィリピンを訪れる際には、羽織るものを持ってきてくださいね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 に参加しています。ポチ☆っとしていただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました