フィリピンはクレジットカードがあれば大丈夫って本当!?【お金事情】

フィリピン紙幣と硬貨フィリピン習慣文化
フィリピン紙幣と硬貨

フィリピンで、クレジットカードだけで生活できるのか?

 

多くの海外旅行案内や留学案内には、クレジットカードがあれば大丈夫!と書いてあることが多いですよね。

 

この記事には、「実はクレジットカードだけでは過ごすことが出来なかった?!」フィリピンのお金事情について書いています。

 

これからフィリピン旅行や留学を考えている方、必見です!

スポンサーリンク

フィリピンのお金事情

旅行や留学の際、気になるのがお金を取り巻く問題。

 

通貨の種類は何なのか?レートはどうなのか?チップはあるのか???

疑問が沢山でてきますよね。

 

そこで、本日はフィリピンのお金事情を細かく紹介していきます!

 

フィリピンの通貨の単位、レートについてはこちら↓

フィリピン通貨のレートの調べ方 紙幣の種類や単位を教えます!【お金事情】
フィリピン通貨の種類は「フィリピンペソ」です。買い物時のレートの計算方法や通貨の種類を紹介いています。旅行や留学をお考えの方、渡航前にお金について学んでみませんか?

 

フィリピンのお金事情:クレジットカードは使えるのか?

フィリピンでクレジットカードは使えるのか?

 

もちろん、使えます!

 

しかし、使える店舗が限られてくる…というのが最大の問題です。

 

使える場所は、大きなショッピングモールやレストラン、ホテルなどです。

 

使えない場所は、タクシーなどの交通機関、小さな商店など。

 

日本のように環境が整っていないため、キャッシュレスの生活(クレジットカードのみの生活)は難しいと考えておいてください。

 

もちろん、フィリピン渡航時のクレジットカード持参は必須になります。

 

なぜなら、クレジットカードがあれば金銭トラブルを回避るすことが可能ですし、現地通貨をATMから引き落とすことも可能ですからね!(もちろん対応のプリペイドカードでも可能です)

 

ただ、キャッシュレスの生活は望めない…ということだけは覚えておいてください。

 

フィリピン旅行(留学)で「必須な持ち物リスト」はこちら↓

フィリピン旅行に必要な持ち物とは?リストを公開中!
異国の地に行く際、何を持っていけばいいか分からなくて荷物がいっぱいになっちゃた!なんてことありませんか?今回はフィリピンを旅行する際に必要なものをリスト形式でまとめてみました。 現地で購入できる物についても記載しています!旅の持ち物で...

フィリピンのお金事情:チップ文化の有無

フィリピンでは日常生活でのチップ文化はありません。

 

レストランや公共の場では、チップを気にせず過ごして大丈夫。しかし、例外としてチップが発生するケースもあるんです!

 

以下のケースに遭遇する可能性がある人は、現地通貨が必要になります。

チップを払う場面(1)

ディナギャン

ディナギャン祭り

 

特別なイベント時(お祭りなど)

 

写真を撮ってもらった、道を聞いた…といったシーンでは先方からチップを要求されます。要求がなければ、気にしなくても良いですし、感謝を込めて渡してもよし。ここはご本人の心次第。

チップを払う場面(2)

もしあなたがフィリピンに住む事があり、車を利用する場合などにもチップを払う場面があります。

例えば誰かに、お店の駐車場から公道に誘導してもらった…なんてシーン。

 

実はフィリピンでは、こういったサービスによるチップで生活している人も結構いるんです。頼んでなくても勝手に働いてくれて、チップを要求されるなんて事は日常茶飯事…。

 

(1)、(2)のチップの相場は5〜20ペソほどです。

 

チップを払う場面(3)

(1)、(2)などのチップ狙いのサービス以外で、フィリピンの日常として根付いているチップもあります。

 

それはマッサージ店でのサービスに対するチップ。フィリピンでマッサージを受けた後に、施術者にお心づけとしてチップを渡すのが日常として根付いています。

 

お店によってシステムは違いますが、施術後にチップ専用の小袋を渡されたりします。50ペソほど(100ペソ未満)が相場です。


タイトルとURLをコピーしました