ディナギャンフェスティバルへようこそ! 留学中のお楽しみ イベント情報

ディナギャンフェスティバルの装飾フィリピン情報
ディナギャンフェスティバルで披露されたダンスグループの装飾の一部。

本日は、フィリピンイロイロ市のビッグイベント、

『ディナギャンフェスティバル』の様子と楽しみ方について、写真と共にご紹介します!

スポンサーリンク

ディナギャンフェスティバルとは…

前回もお話ししましたが、ディナギャンフェスティバルはLumpia(るんぴあ)が住んでいる都市、イロイロ市の一大イベントです。サントニーニョ(聖人:幼いイエス・キリスト)を祝うお祭りで、毎年一月の第四週に開催されます。世界的にも有名なお祭りで、多くの外国人観光客が訪れています。

開催されるエリアはイロイロ市のダウンタウン地区(中心街)です。

ダウンタウンの様子

ディナギャンフェスティバルのダウンタウンの様子。出店が沢山出て、人も沢山います。

↑ダウンタウンの様子(中心街は歩いて回れるくらいのコンパクトな広さです。だけど、気温が暑いのでお水は絶対持参して!!)

ダンスが開催される会場が、ダウンタウンの数か所(4か所くらい)に設置されていて、会場のシートチケットを購入することでダンスを良い位置から鑑賞できます(予約前売りなので、前もって購入する必要がある)。

ディナギャンフェスティバルのダンサー

ディナギャンフェスティバルのダンサー達。この日のパフィーマンスのために沢山練習しています。

↑学生たちは早い時期からディナギャンフェスティバルにむけてパフォーマンスの練習をし、本番に臨んでいます。

ダンス会場の専用席以外(道)でも、ダンサーがパフォーマンスすることもあるので、チケットが買えなくてもそれなりに楽しめます

 フィリピンのストリートフードを楽しもう!

ダウンタウンには様々な露店が所狭しと並んでいます。やはり、フィリピンバーベキュー(串にささった肉や魚)のお店が多いかな?!という印象

ディナギャンフェスティバル出店

ディナギャンフェスティバルの出店。フィリピンバーベキューを売るお店。

↑店の女性の前にあるのはバナナの木のディスプレイ(丸太みたいなやつ)。バナナの木に焼きたての串焼きをたくさん刺して、観光客を楽しませます。

アイス売り

フィリピンではそこらでアイス売りを見かけます。

↑そして、暑いときにうれしいアイスクリーム!!アイスクリーム屋さんがそこら中で歩き売りしています。通常、ベルをチリンチリン鳴らしているのですぐ分かると思います。味はアボカド、マンゴー、ココナッツ、ウベ(紫の芋)などフィリピン特有の味!1カップ20ペソ(約43円)。

タホ

フィリピンスイーツ、タホ。豆腐と黒糖、タピオカのコンビネーション。ほんのり温かい。

↑こちらは「タホ」とよばれる豆腐のようなスイーツ。黒糖シロップとタピオカと一緒にいただきます。ほんのり温かいです。こちらも20ペソ(約43円)。

 

ほかにも、スイートコーンやショーパオ(肉まん)、シュウマイ、レチョン(豚の丸焼き)なども買えます。ストリートフードの値段も安いので色々食べ歩きしながらお祭りを楽しんじゃってください!

カラフル!

ディナギャンフェスティバルといったら、カラフルな装飾です!

あなたの目を楽しませてくれること間違いなし!!!

デコレーションされた牛

ディナギャンフェスティバルでデコレーションされた牛を発見。カラフル。

↑牛さんもオシャレしてパフォーマンスに登場するモ~

ディナギャンフェスティバル昼

ディナギャンフェスティバルの昼間の様子。街中にカラフルな旗が飾られています。

↑町中がカラフル!赤と黄色の旗があちらこちらにあります!

夜までディナギャン

ディナギャンフェスティバル夜

ディナギャンフェスティバルの夜の様子。お祭りはまだまだ終わらない…

ダンスパフォーマンスは終わりますが、夜は夜の顔があるディナギャンフェスティバル。飲んだり食べたり、みんな思い思いに楽しみます。路上でカラオケをしたり(←これは、フィリピンでは普通です)、クラブミュージックをガンガンかけてみんなで踊ったり…

エリアによって色々な光景に出くわすはず…

それもまた楽しい!

ディナギャンフェスティバルの注意点をチェック

会場に入るときは必ずガードにカバンの中身をチェックされます

変なものは持ち込まないように…(普通にしていれば日本人は大丈夫です…)。

ディナギャンフェスティバル開催日にはWi-Fiが使えません!

各電話会社がサービスをストップ!(これは結構しんどい!)誰かと待ち合わせをするときには、どこで、何時に…としっかり事前に打ち合わせしてくださいね!

人混みがすごいので、貴重品の管理に注意

スリにあった人がいる…などの噂は聞きませんが、用心して!落とし物(スマホなど)するひとも多いです(酔っぱらってタクシーに置いてきちゃう人とか…落とし物を取り戻すのは難しいみたい)

各種サービスにはチップがつきもの??!

普段、フィリピンではチップ制度はありません。しかし、ディナギャンフェスティバルのときは、「写真撮ってあげる!」と言ってくる現地の人や、ディナギャンダンサーの格好をした人と一緒に写真を撮るとき…チップを要求されることがあります。コイン(気持ちだけ)で大丈夫。

水を持参すること!

とにかく人混みがひどい(場所によって)&気温が暑いです。飲み物を買うのも一苦労…。イベント時だけじゃなく、外出するときは常に水を持参することをおススメします。

トイレは有料

1日中ダウンタウンに居ると、トイレいきたい!って時がくるとおもうんですね。その辺のショッピングモールのトイレが使えますよ。ただ、ディナギャンフェスティバルの時だけ有料になることがあります。だいたい10ペソ(21円くらい。小学生くらいの子供はタダ)です。

宿泊ホテルを取るのが難しい

観光客は早めに宿を抑えています。ディナギャンフェスティバル直前のホテル予約はお勧めしません。選択肢が少なくなります。余裕を持って予約しましょう。

 

いかがでしたか?

「パフォーマンスはテレビでみる~」という現地の人でも、お祭りの雰囲気を味わいに皆訪れています。活気に満ち溢れていて、元気をもらえる。そんなお祭りです。

皆さんも、チャンスがあったらぜひ来て体験してみてくださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また是非、遊びにきてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました