フィリピンの伝統フェスタ!!飲んで食べて楽しむ地域のお祭り

ハッピーフェスタフィリピン情報

こんにちは。食べるの大好き、Lumpia(るんぴあ)です。本日はそんな私が泣いて喜ぶ、フィリピンの伝統【フェスタ】についてご紹介します!

 

そこにはフィリピン人の人格を形成するヒミツがあった!!?フェスタ潜入レポート、始まりま〜す!

フェスタとは

フェスタとは、各地域で年に1回、決まった日に行われるお祭りのこと。町や村全体がお祭りモードで、各お家でご馳走を用意して訪問者をもてなします。

 

また、町開催のコンテストや集団結婚式なんかもやるらしい。

 

実は先日、Lumpia(るんぴあ)が住んでいるアパートオーナー宅のフェスタにお邪魔したばかり。

 

そこで、今回はそちらでの様子をご紹介します!

レッツゴー!フェスタ!

今回、Lumpia(るんぴあ)家族とアパートの住人、そのご近所さん達はオーナー宅のフェスタにお呼ばれしました。 オーナー宅は市内から少し離れた場所にあります(1時間かからないくらいの所)。そういうこともあり、オーナーが貸し切りジプニーを用意してくれました!なんという粋な計らい!

 

ジプニー

ジプニーはフィリピンを代表する交通手段。

 

ジプニーとはフィリピン特有の交通手段です(日本で言ったらバスみたいな感じかな)。このサイズなら20人くらい乗客が乗れます。

 

ジプニーに関してはこちら↓

フィリピンの交通手段 留学中、試してもらいたい〇〇とは
昨日は公共交通機関のストライキで、息子の小学校が休校になったため、家族水入らずで過ごしたLumpia(るんぴあ)です。

 

早速、オーナー宅へ出発〜!

 

向かう途中、田んぼがいっぱいありました。稲とバナナの木やココナッツの木のコラボレーションが新鮮〜!景色を楽しんでいたらあっという間に町に到着。フェスタだけあって、町には人が沢山溢れてました!交通渋滞をやっとこさ抜けて~…

 

…無事にオーナー宅に到着です。お宅はすでに沢山の人で賑わっていました。

フェスタの醍醐味!お食事タイム

オーナーに招き入れて頂き、いきなりのお食事タイムーーー!

 

「さあ、食べて食べて〜!お寿司はすき?あるよ〜!」

 

オーナーは日本の会社で働いている事もあってか、本人もご家族も親日家なんです(単純に嬉しい〜!親日家じゃなくても、ここの人々は皆優しいですよ)。

 

フィリピンでお寿司食べるの初めて…

フェスタごちそう

フェスタのごちそう

 

写真手前、左にあるカラフルな紙に入っているものは、ココナッツ マカロン。ココナッツの風味が癖になる甘〜い焼き菓子です。

 

写真左上、奥のボウルに入っているのはフルーツマカロニサラダ。フルーツ(缶)とマカロニ、レーズンなどを練乳とマヨネーズで和えた甘いサラダです。

 

真ん中の茶色いケーキはレチェフランケーキ。フランというカスタードプリンが乗ったケーキです。

 

そして一番手前(写真右)には、お寿司とサラダ。

 

お寿司といっても、フィリピンでは生モノを食べる習慣がないので、かにかま(日本のからの輸入品)と卵焼き、ビーツ(赤い野菜)が入ったカリフォルニアロールみたいなものでした。けど、ちゃんと酢飯でしたよ。

 

写真右上にある緑の物体はコレ↓

バナナの葉にくるまれたもの

バナナの葉にくるまれたもの

 

包みはバナナの葉です。バナナの葉に中身を詰めて蒸したもの。

 

中身はこうなってます。↓

 

バナナの葉の中身

バナナの葉の中身

 

こちらはキャッサバ(芋)でできたお菓子。食感は柔らかいお餅みたいな感じ。お砂糖が入っていますが適度な甘さがおいしい!(名前は不明・・・多分キャッサバ スーマンというやつかな?)

 

もう一つの方はこちら↓

バナナの葉の中身2

バナナの葉の中身。キビ団子のよう。

 

こちらは、最初のものより噛み応えのあるお餅。原料&名前はよくわからないけど、きびだんごみたいで美味しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました