フィリピンの伝統フェスタ!!飲んで食べて楽しむ地域のお祭り

ハッピーフェスタフィリピン情報
ハッピーフェスタ!!!町全体が大盛り上がりです。

こんにちは。食べるの大好き、Lumpia(るんぴあ)です。

本日はそんな私が泣いて喜ぶ、フィリピンの伝統【フェスタ】についてご紹介します!

そこにはフィリピン人の人格を形成するヒミツがあった!!?フェスタ潜入レポート、始まりま〜す!

スポンサーリンク

フェスタとは

フェスタとは、各地域で年に1回、決まった日に行われるお祭りのこと。

町や村全体がお祭りモードで、各お家でご馳走を用意して訪問者をもてなします。

また、町開催のコンテストや集団結婚式なんかもやるらしい。

実は先日、Lumpia(るんぴあ)が住んでいるアパートオーナー宅のフェスタにお邪魔したばかり。

そこで、今回はそちらでの様子をご紹介します!

レッツゴー!フェスタ!

今回、Lumpia(るんぴあ)家族とアパートの住人、そのご近所さん達はオーナー宅のフェスタにお呼ばれしました。 オーナー宅は市内から少し離れた場所にあります(1時間かからないくらいの所)。そういうこともあり、オーナーが貸し切りジプニーを用意してくれました!なんという粋な計らい!

ジプニー

ジプニーはフィリピンを代表する交通手段。

ジプニーとはフィリピン特有の交通手段です(日本で言ったらバスみたいな感じかな)。このサイズなら20人くらい乗客が乗れます。

早速、オーナー宅へ出発〜!

向かう途中、田んぼがいっぱいありました。稲とバナナの木やココナッツの木のコラボレーションが新鮮〜!景色を楽しんでいたらあっという間に町に到着。フェスタだけあって、町には人が沢山溢れてました!交通渋滞をやっとこさ抜けて~…

…無事にオーナー宅に到着です。お宅はすでに沢山の人で賑わっていました。

フェスタの醍醐味!お食事タイム

オーナーに招き入れて頂き、いきなりのお食事タイムーーー!

「さあ、食べて食べて〜!お寿司はすき?あるよ〜!」

オーナーは日本の会社で働いている事もあってか、本人もご家族も親日家なんです(単純に嬉しい〜!親日家じゃなくても、ここの人々は皆優しいですよ)。

フィリピンでお寿司食べるの初めて…

フェスタごちそう

フェスタのごちそう

写真手前、左にあるカラフルな紙に入っているものは、ココナッツ マカロン。ココナッツの風味が癖になる甘〜い焼き菓子です。

写真左上、奥のボウルに入っているのはフルーツマカロニサラダ。フルーツ(缶)とマカロニ、レーズンなどを練乳とマヨネーズで和えた甘いサラダです。

真ん中の茶色いケーキはレチェフランケーキ。フランというカスタードプリンが乗ったケーキです。

そして一番手前(写真右)には、お寿司とサラダ。

お寿司といっても、フィリピンでは生モノを食べる習慣がないので、かにかま(日本のからの輸入品)と卵焼き、ビーツ(赤い野菜)が入ったカリフォルニアロールみたいなものでした。けど、ちゃんと酢飯でしたよ。

写真右上にある緑の物体はコレ↓

バナナの葉にくるまれたもの

バナナの葉にくるまれたもの

包みはバナナの葉です。バナナの葉に中身を詰めて蒸したもの。

中身はこうなってます。↓

バナナの葉の中身

バナナの葉の中身

こちらはキャッサバ(芋)でできたお菓子。食感は柔らかいお餅みたいな感じ。お砂糖が入っていますが適度な甘さがおいしい!(名前は不明・・・多分キャッサバ スーマンというやつかな?)

もう一つの方はこちら↓

バナナの葉の中身2

バナナの葉の中身。キビ団子のよう。

こちらは、最初のものより噛み応えのあるお餅。原料&名前はよくわからないけど、きびだんごみたいで美味しいです!

 

早速お皿を受け取り、好きなお料理をもらっていきます!ブッフェ形式が一般的です。

今回、オーナーさんはケータリングサービスを利用したみたい。ウエイターも沢山いました。ご飯やヴァレンシアーナ、肉料理、魚料理、スープなど…フィリピンを代表する料理がずら~っと並んでいます。

フェスタのビュッフェ

ビュッフェ式フェスタ

お料理は、各家でご飯を用意する人もいれば、フィリピン伝統のboodle fight(ブードルファイト)で実施する人もいるみたい。

boodle fightとはバナナの葉にご飯を並べて、みんなで一斉に食べるフィリピンの軍隊で行われる伝統的な食べ方です。

体験したい人は、ブードルファイト体験ができるレストランもあります。フィリピン訪問の際はBoodle fightでレストラン検索してみてください!

いただきま~す!!!

自分が食べたいものをお皿に盛って、さっそく頂きます!

フェスタのご飯

フェスタのご飯

写真映えしない盛り方ですみません…( ;∀;)食事のお供はソーダが基本です!

みんなでテーブルをかこんで、ワイワイしながら頂きます。

デーブルをかこむ

テーブルを囲む人々

普段なかなか会えない人も、年1回、このフェスタで会ってコミュニケーションをとることが出来るんです(お互いに1回ずつだから、最低年2回は会えることになるのか…)

遠い場所でも、フェスタのときには顔を出すのが普通みたい。

なんたって、タダ(0円)でおいしいご飯が食べれてお酒も飲める!んですから!!!

とはいえ、用意する側は大変ですよね。お金もいっぱい使っているはず。だけど、これがフィリピンの伝統なんです!そこまでしておもてなししてくれるのに、行かない理由はない!!そりゃあ喜んで参加しますよ!

ご飯の後はお酒の時間!!

サンミゲル

フィリピンビールのサンミゲル ライト

お酒も入って、会話も弾みます!

Lumpia(るんぴあ)たちは、日本について色々お話ししたり、フィリピンについても沢山教えてもらって楽しい時間を過ごしました~!子供たちは子供たちで、好きずきに遊んでました。

フェスタの役割

お分かりのように、フィリピンの人々はフェスタで多くの人とコミュニケーションをとるんです。人と人とのつながりをとても大切にしている。

それによって、何か困ったことがあったら気軽に助けをお願いできるんですって。

お互いに助け合う、そんな精神が根付いている

なんかあったら、とりあえず叫べば誰か来てくれる!って言ってました~(/・ω・)/スゴイ

親戚からはじまり、友達、その友達、ぜんぜん知らない人まで…たくさんの人にご馳走をふるまうんです。誰でも参加できる。それがフェスタ。

フェスタの日は町中がこういう感じなので、昼ご飯はここで食べて、スナックタイムは違う家にいって、晩御飯はまた違う家に行く…みたいな食べ歩きをしてもOKなんだって…。

結局、Lumpia(るんぴあ)は晩御飯までご馳走になり…たらふく&あったか~い気持ちで帰宅しました。

オーナーさん!みなさん!ありがとう~!!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 に参加しています。ポチ☆っとしていただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました