フィリピンの病院体験記【元医療職からみたフィリピンの医療】

フィリピン医療感染症・医療情報

フィリピンに長期滞在していると、医療機関にかかる機会がどうしても出てきます。

 

私自身も今まで数回、医療機関に行く機会があったのですが、日本とフィリピンの医療事情の違いに戸惑いました。

 

本日は元医療職のLumpia(るんぴあ)が【フィリピンの医療事情】【フィリピンの医療機関にかかる際の注意点】を体験記と共にご紹介します。

 

海外の医療機関のイメージがわかずに、色々心配している方も多いのではないでしょうか。

 

フィリピン渡航前には当記事を見て、対策を立てていただければ嬉しいです。

 

\この記事を読んで分かる事/

フィリピンの病院の種類【外国人観光客(日本人)にお勧めの病院】

フィリピン医療の料金【病院の種類別料金、海外旅行保険と申請に必要な書類】

フィリピン医療【設備や医療スタッフの特徴、受診方法とその流れ】

 

フィリピンの病院の種類

医者

フィリピン病院事情

フィリピンの病院には日本と同様に数種類あります。

 

フィリピンにある病院の種類

1.総合病院(プライベート)

2.総合病院(公立)

3.プライベートの総合クリニック

4.個人で開いている医院・クリニック

 

我々のような外国人がかかるとしたら、1のプライベートの総合病院がよいでしょう。

 

なぜなら「英語が通じる」「比較的早く見てもらえる(救急医療体制がある)」「設備がそろっていて便利である」など、外国人観光客が受診しやすい環境が整っており、先方も外国人に慣れているという事実があるからです。

 

2以降の病院についても、医師・看護師に関しては「英語が通じます」が、それ以外に問題点が多くあるためお勧めはしません。

 

1以外の病院で考えられる問題点

・患者数が多く、時間がかかる

・手続きが煩雑になりやすい

・英語が通じないスタッフが多い可能性がある

・海外医療保険などの手続きに不慣れな可能性がある

 

私は2の公立総合病院にかかったことがありますが、人の多さ(患者数の多さ)が半端なくて驚きました。

 

英語については問題ありませんでしたが、敷地いっぱいに色々な症状の患者さんがごった返していて、かえって他の病気(感染症)をもらってしまいそうな状態でした。

 

公立総合病院

公立の総合病院の様子

 

フィリピン医療の料金

フィリピン紙幣と硬貨

フィリピン医療費はどのくらい?

フィリピンの医療費は【前払い制】です。

 

心電図を取る、採血検査をする、レントゲンをとる…

 

すべての医療行為を行う前に支払いが発生します。

 

お金を払ってレシートを提示することで初めて、医療行為が始まります。

※診察代・部屋代(救急利用時)などは後払い

 

診察室と会計を行ったり来たりするため、自分が具合が悪くて病院にかかる場合は付き添いの人が居ないと辛いです。

 

プライベート総合病院の場合

プライベート総合病院の場合、一つの行為につき500ペソ(約1090円)くらいが相場のようです(※目安。病院により異なる)。

 

採血は検査する項目数により異なりますが、だいたい500ペソ未満でセットを組んでくれることが多かったです(デング熱の検査はもう少し高かった)。

 

「最低限の検査をやって、必要に応じて検査を追加する」という流れが多いので、診察に時間がかかります。

 

公立総合病院の場合

公立病院の場合は、デング熱疑いの場合は検査から治療までのセット料金が組まれているようでプライベート病院よりは安い印象を受けました。

 

他の医療費(診察代や医療行為料など)についても公立病院はプライベート病院より安いです。

 

公立の総合病院

公立総合病院のセット料金リスト(一部)

 

海外でかかった医療費について

渡航前に海外旅行・留学保険に加入することをオススメします。

 

私はAIGの留学保険に加入しています。

最長6か月間加入でき、その後は延長申請が可能です。

 

自身はフィリピンからメール連絡で延長の手続きをしましたが、対応して頂けました。

 

このような海外旅行・留学保険に入っている場合は【後日医療費の申請が可能】で、通常は全額返ってきます。

 

医療機関にかかる際のタクシー代も申請可能なので、タクシードライバーにレシートをもらうようにしてください。

 

フィリピンで医療機関にかかる場合は、海外医療保険が指定する【診断書フォームのコピー】をあらかじめ用意し、医師に記入してもらいましょう。

 

また、各検査や診察、処方薬などにつきレシートがあるため、日本で病院にかかったときよりも多くレシートが発生します。

 

レシートを失くさないように、日付ごとに分けて管理しておきましょう。

 

またフィリピンの感熱紙のレシートは文字がすぐ消えるので、スマホで写真を撮っておくか、ペンでメモを取っておくと申請時に困らないかと思います(レシートは保険申請の際に添付して送ります)。

 

AIG損保の医療費申請に必要な書類

指定の診断書

すべてのレシート(交通費含む)

パスポートのコピー(入出国が分かる部分)

指定の保険金請求書(AIG損保ホームページよりダウンロード)

AIG損保 海外旅行・留学生保険の特徴



旅行・留学・出張などの目的別に選べる充実のプラン
安心の保障内容
出発当日まで申し込みが可能(24時間申し込み可能)▽まずは資料請求(無料)▽

コメント

タイトルとURLをコピーしました