留学親子るんぴあが住んでいる町 フィリピン・イロイロ

イロイロビジネスパークフィリピン情報
フィリピン、イロイロ市の開発地区イロイロビジネスパーク。

本日フィリピンは雨期が終わったのか!?太陽がでてきました。

これでやっと洗濯物が干せる~!!!けど、暑いです・・・半曇りくらいがちょうど過ごしやすいんだよなぁ(わがまま)。

本日はLumpia(るんぴあ)家族が住んでいる町イロイロについてご紹介!

スポンサーリンク

フィリピンは島国だ

フィリピン(正式名称フィリピン共和国)は7000以上の島をもつ島国です。

ルソン島、ビサヤ諸島、ミンダナオ島を中心に大小さまざまな島があります。フィリピンの首都はルソン島にある大都市『マニラ』

私が現在生活をしている都市は、フィリピン中部に位置するビサヤ諸島のひとつです。

フィリピンの地図

フィリピンの地図。大きく4つの地区がある。

西ビサヤ地方とよばれる地域にあるイロイロ市という場所に住んでいます。

イロイロについて

首都マニラから飛行機で1時間半くらいですかね…。日本からイロイロに来るためにはマニラからの乗り換えが必要です。ここイロイロは、マニラやセブのような大都市ではありませんが

治安がとーーーーっても良くて、人々も親切

Lumpia(るんぴあ)の大好きな都市です。

2015年にはフィリピンで開催されたAPEC会議の開催地に選ばれたりもしていて、今後の発展が期待されている都市です。

APEC:アジア太平洋経済協力

アジア太平洋地域の21の国と地域が参加する経済協力の枠組みのこと。もちろん日本も参加国の1つですよ!

ホテルやコンドミニアム、ショッピングモールなども次々と建設されていて、発展著しいイロイロ…。イロイロ自体にも観光地はたくさんありますが、日本でも有名なフィリピンの観光地

『セブ島』『ボラカイ島』『パラワン島』などが近いこともあり、毎年多くの観光客が訪れます。 

ディナギャンフェスティバル

イロイロでは毎年1月(4週目)に

Dinagyang Festival

(ディナギャンフェスティバル)が開催されます。

多くの外国人観光客も訪れるイロイロ市ビッグイベントなんですよ!

もう、ここイロイロではディナギャンフェスティバル2020に向け準備を始めています!

サントニーニョ(聖人:幼いイエス・キリスト)を祝うお祭りで、サントニーニョの人形を持ったダンサーたちが舞い踊ります。

サントニーニョ

ミアガオ教会にあるサントニーニョ像。イエスキリストの子供の姿。

【↑ミアガオ教会(イロイロ市)にあるサントニーニョ像】

たくさんのグループが踊りや装飾など、パフォーマンスを競い合う場でもあります。

ディナギャンフェスティバルのダンサー達

体や顔を黒塗りにしたダンサー達。

【↑移動するダンサーたち(パフォーマンス会場が市内に何か所かあるため、次の会場まで移動しているところ)】

体を黒く塗ったダンサーはここパナイ島の原住民(アティ族)を表しています。

長い歴史の中で、原住民アティ族は移住者たちによって山に追いやられてしまったんです。

しかしその後、山を下りたアティ族。

村人から食べ物をもらったお礼にダンスや歌を披露します。

それがこのダンスの起源だそうです。

装飾がカラフルで、ダンスもパワフル!楽しめること間違いなしです!歴史を知ることで、パフォーマンスをより一層楽しめますよ。

以上、簡単ですがイロイロの紹介でしたー!

今後もイロイロでの日常を数多くアップしていきます。お楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また是非、遊びにきてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました