フィリピン留学で遭遇する虫の種類 虫嫌いは〇〇を装備せよ!

カマキリ旅行留学準備・観光
フィリピンのカマキリ

フィリピン留学前に気になる問題の1つと言えば、「虫」問題。

 

異国の地となると、どんな虫がいるのか?遭遇したらどうすればいいのか?…といった心配事は尽きないですよね。特に虫嫌いの方々には、とっても気になる問題かと思います。

 

かといって、まったく虫がいない留学国もないと思います(めちゃめちゃ寒い国なら居ないかもしれませんが…笑)。

 

という訳で、本日は「フィリピンでよく遭遇する虫」についてご紹介します。

この後、虫の写真は載せていませんので安心してご覧ください。

フィリピンにいる昆虫たち

南国

南国フルーツのバナナの木

 

フィリピンは南国です。そのため、ここにいる昆虫たちは、基本的に日本で夏に見るような昆虫が多いです。

 

カブトムシとか、カマキリとかコオロギ、バッタなどがいます。バッタはその辺の草むらに結構いますが、それ以外は町中ではあまり見ません。

 

私が住んでいる都市イロイロ市ではセミもあまり見ません。「夏と言ったらセミ!」ってイメージがあったんですが、ここには全然いないです(笑)。たまに夕方に鳴く【ひぐらし】というセミがいるくらい。

 

もちろん滞在する地域によって、みられる昆虫も多少は違うと思います。田舎の方であれば、そのぶん昆虫を見る機会も多いでしょう。

生活でみられる昆虫(生活害虫や衛生害虫)

フィリピンの生活

フィリピンの生活で遭遇する害虫とは?

 

上記した昆虫より、人間の生活圏に侵入してくる虫、「生活害虫や衛生害虫」に出くわすことが断然多いです。

 

生活害虫とは:日常生活で見かける不快に思う虫のこと(アリ、蛾、蜂など)
衛生害虫とは:ヒトや動物に感染症等の病気をもたらす可能性がある虫のこと(ゴキブリ、ハエ、蚊など)

 

 

フィリピン留学で遭遇するとしたら、こういった類の虫でしょう。

 

 

実際のところ、日本の害虫と種類はそんなに変わらないんです。虫のサイズが違ったり、見かける頻度が違ったりはするんですけど、「何これ!?」っていう得体のしれない虫は居ません。

 

 

虫に出会ったら、どうやって駆除するか…も合わせて、どんな虫に遭遇するかをご紹介します。

 

アリ

アリはそこら中に居ます。日本とは違い、人の住居区域(家の中)にも進出しています。おそらく、建物のどこかに巣があるんだと思います(白アリではない)。

 

アリが出没する部屋に食べ物を小一時間ほど放置していると、きっとすぐアリまみれになるでしょう。これが本当に厄介です。

 

さすがに冷蔵庫の中まで入ってきたことはないので、開封後のお菓子や甘いものは冷蔵庫に保存すると良いです。お菓子の袋を折り曲げて塞いで保存していても、アリは侵入します(特に小さいサイズのアリは入って来ます)。

 

アリの種類は様々で、めちゃめちゃ小さいアリから、大きめのアリ、色々なサイズのアリがいます。

 

家の中では見かけませんが、赤茶色の大きめのアリには要注意!

 

外でしか見かけませんが、噛まれると本当に痛いです。痛いというか熱いというか、痒いというか…しばらくそんな感覚が噛まれた場所に残ります。

 

このアリは日本でも問題になったヒアリに似た色のアリで、木の葉っぱに巣をつくって暮らしています。そのため、このアリに遭遇する場所は草むらや植え込み付近です。

 

Lumpia(るんぴあ)は、花壇などの植え込み付近で、アリの道を塞いでしまった時によく噛まれます。サンダル履きで生活していると、こういう事がよく起こります(靴なら大丈夫!)。

 

噛まれた後は、体に異常が出ないか等30分ほど注意してみましょう。異常が現れる様ならすぐに医療機関へかかってください。

駆除方法

フィリピンではアリの巣そのものを駆除する殺虫剤はありません。

 

そのためLumpia(るんぴあ)は日本からアリの巣駆除剤を色々持ってきてみました。

 

…が!!!まぁ、効果がないこと!!(笑)

一部のアリには効果がありましたが、一部のアリには効果がない。また効果があったように見えても、すぐに戻ってくる。…といった感じで、生活とアリを切り離すことが未だに出来ていません。

 

じゃあ、どうすればいいの!?

 

現地の人が、どうやってアリと付き合っているかと言うと、「水をはった皿の中心にコップ、コップの上に皿、その上に食べ物」です。

甘いもの保存

甘いもの保存

 

めっちゃ原始的方法…!砂糖なんかはこうやっておいている家庭が多いと思います。

 

しかし、これはメンドクサイ!(笑)

 

そこでLumpia(るんぴあ)がよくやる方法は、こちらです。

①食品を置きたい場所(テーブル)などの、アリが侵入してくるルートに殺虫スプレーをする。

※4つ脚テーブルなら各脚にスプレーする(床から登ってくるので)。

※食品を置く家具が壁に触れている場合は、壁に触れている部分と、床に触れている部分(アリが登ってくると推測される部分に塗布)。

②アリが出入りする穴に直接スプレーする。

※①も②も定期的に実施する(効果が消えるため。週1くらいの頻度。)

アリ撃退方法

アリ撃退法

 

②は、本当に一時的な抵抗であって、無駄です(笑・それでもムカついてたまにやる)。やつらは家中に出入り口を沢山持っているので、数日するとまた現れます…。

 

コンセント部分から出てきたりもしますが、そこは危険なのでスプレーしないでください!!!

 

①は、効果があります。テーブル上の食べ物が気づいたらアリまみれ!ってことは無くなります!…日本では想像できませんよね(笑)。

ゴキブリ

ゴキブリも見る頻度がそこそこある虫です。

 

ここのゴキブリは日本のゴキブリより足が遅いので、大きめサイズですがそこまで怖くないです。

 

ゴキブリについてはこちら↓

ぎゃぁぁぁぁぁぁ‼‼‼なハプニング~G編~ フィリピン移住や留学前に知っておいてほしいこと
みなさん、虫は好きですか?Lumpia(るんぴあ)は、まあまあ好きです。いや、大好きかって言われるとそこまででもありませんが、とりあえず虫を見つけると捕まえたくなる少年の心を併せ持ったアラフォーです(謎)。今回はフィリピンのG(ゴキブリ)事...

 

日本と同様、とりもち式のゴキブリ駆除用品があったりもしますが、そこまで捕獲できません。

 

食べ物を放置しない、ごみをこまめに捨てる(部屋から出す)等をすれば、そこまでお目にかかることはないです。

駆除方法

どの虫も、駆除するならば殺虫スプレーの一択です…(笑)。

 

ゴキブリが部屋に入ってこなくなる…という謎のチョークも売っていますが、彼らの特性上、チョークだけでは太刀打ちできないと思います。(※上記のゴキブリ記事を参照してください)

 

すべての虫に対応しているこのスプレー!!

殺虫スプレー

フィリピンの殺虫スプレー

 

留学後、害虫の不安がある方は、必ず手に入れて!(笑)

 

メーカーは様々ありますが、この『Baygon(バイゴン)』のスプレーが一番効きます(即効性がある)。ただ、殺虫剤独特の臭いで人間もやられそうになるので、使用後は換気をしてください!

ノミ、ダニなど

こちらはなかなか目に見えないちっこい虫なので困っちゃうんですが、フィリピンに野良猫・野良犬が多いことから、気をつけてほしい害虫です。

 

しばらく使っていない部屋や猫がいる建物などは要注意!

 

私も以前、留学校で変えてもらった新しいシーツにノミがピョンピョンいたことがありました。(おそらく、猫がリネン室に入ったんだと思います。)即効、虫は捕獲して、シーツは変えてもらいました…

 

ダニやノミは人を噛むことがあるため、得体のしれない虫刺されが体にあったら要注意です。

 

感染症を人に移すこともあるので気を付けてください。

駆除方法、対処方法

フィリピンではノミ、ダニに対処する噴霧系の殺虫剤はありません。また掃除機も一般的ではないので、対応が本当に大変です!

 

フィリピンで私が普段実践している対処方法をこちらにまとめました。

〇ノミやダニを見つけたら、つぶさずに粘着テープ等で捕獲、閉じ込める(つぶれて卵が出てきたら、さらに増殖するため)。

〇シーツやベッド周りのカバーを定期的に変える。リネン類は洗い、炎天下で天日干し、もしくは乾燥機で乾かす。

〇定期的にベッドマットに殺虫スプレーを撒く。

〇日本からバルサン等の噴霧系殺虫剤を持ってくる(※機内持ち込みは不可。預入荷物で可。)

 


タイトルとURLをコピーしました