フィリピン留学で遭遇する虫の種類 虫嫌いは〇〇を装備せよ!

カマキリ留学準備
フィリピンのカマキリ

フィリピン留学前に気になる問題の1つと言えば、「虫」問題。

 

異国の地となると、どんな虫がいるのか?遭遇したらどうすればいいのか?…といった心配事は尽きないですよね。特に虫嫌いの方々には、とっても気になる問題かと思います。

 

かといって、まったく虫がいない留学国もないと思います(めちゃめちゃ寒い国なら居ないかもしれませんが…笑)。

 

という訳で、本日は「フィリピンでよく遭遇する虫」についてご紹介します。

この後、虫の写真は載せていませんので安心してご覧ください。

フィリピンにいる昆虫たち

フィリピンは南国です。そのため、ここにいる昆虫たちは、基本的に日本で夏に見るような昆虫が多いです。

 

カブトムシとか、カマキリとかコオロギ、バッタなどがいます。バッタはその辺の草むらに結構いますが、それ以外は町中ではあまり見ません。

 

私が住んでいる都市イロイロ市ではセミもあまり見ません。「夏と言ったらセミ!」ってイメージがあったんですが、ここには全然いないです(笑)。たまに夕方に鳴く【ひぐらし】というセミがいるくらい。

 

もちろん滞在する地域によって、みられる昆虫も多少は違うと思います。田舎の方であれば、そのぶん昆虫を見る機会も多いでしょう。

生活でみられる昆虫(生活害虫や衛生害虫)

上記した昆虫より、人間の生活圏に侵入してくる虫、「生活害虫や衛生害虫」に出くわすことが断然多いです。

生活害虫とは:日常生活で見かける不快に思う虫のこと(アリ、蛾、蜂など)
衛生害虫とは:ヒトや動物に感染症等の病気をもたらす可能性がある虫のこと(ゴキブリ、ハエ、蚊など)

 

フィリピン留学で遭遇するとしたら、こういった類の虫でしょう。

 

実際のところ、日本の害虫と種類はそんなに変わらないんです。虫のサイズが違ったり、見かける頻度が違ったりはするんですけど、「何これ!?」っていう得体のしれない虫は居ません。

 

虫に出会ったら、どうやって駆除するか…も合わせて、どんな虫に遭遇するかをご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました