フィリピンのコインランドリーに行ってみた ズボラ&忙しい人におススメ

ダブルの虹フィリピン情報
フィリピンでは雨の後に虹が現れることが多いです。ダブルの虹が見れたらラッキー!

フィリピンは今日も雨…雨期なので仕方ない。だけど、洗濯物が乾かないんだぁぁぁぁ( ノД`)

という事で、普段はお家でお洗濯派のLumpiaですが心の平和を求め、近所のコインランドリーを体験してきました。

スポンサーリンク

フィリピンの雨期

フィリピンの雨期は日本の梅雨(6月)から始まり、10月くらいまで続きます(場所によって若干の差はあるかも)。日本もそうだと思いますが、8月くらいから台風が来ては去って、来ては去って…というかんじ。台風の影響でたまに嵐になったりしますが、雨期といっても

ずーーーーーっと雨がふっているという訳ではありませんちゃんと晴れる日もあります!

朝方や夕方に、ザバーっとまとまった雨が降るだけの日もあれば、1日中シトシト&ザーザーを繰り返す日も。

ここの人たちが言うSummer(夏)=乾期と比べたら、雨期は雨が多い&涼しい

ただ、それだけ・・・。

Lumpiaはどちらかというと、雨期のほうが過ごしやすくていいな~(気温が)と思っています。レジャーを楽しみたい人には、天気の心配がついて回るので雨期は避けたほうがいいのかな?とも思いますが…雨期でも晴れの日、ちゃんとありますよ!

ちなみに、雨期の気温は25~30℃くらいです。

日が出たらもうちょっと暑いですが、朝晩は長そでを羽織りたくなる涼しさです。

雨期の問題…

雨期の問題といったら、

主婦目線↓

●洗濯物が乾かない&溜まる一方

●子供の送迎がちょっと億劫(濡れる&泥で汚れるから)

現地人としての目線↓

●ただただ外出が億劫になる(濡れるから)

●洪水が起きる(起きやすいエリアがきまって洪水)

●雨のあとに収穫したフルーツは甘くない(と言われている)

●雨のあとの牡蠣はお腹壊す率が高い(現地人の迷信←科学的根拠についてはわからない)

※雨の後のフルーツと牡蠣は食べないでね…本当に美味しくないです。

 

とにかく・・・とにかくLumpiaは声を大にして言いたい。

これぞ主婦の叫び(笑)

…洗濯物…片付けさせて!!!

部屋干しでなかなか乾かない→干す場所がなくなる(ハンガーとか足りない)→洗濯物が溜まる=主婦のストレス↑↑↑っていう魔の無限ループに突入します。

干そうと思ったら曇り、太陽が出たから干したら、雨になる。くうぅぅぅ!なんという屈辱!!

どっかで私のこと見てるでしょぉぉ(←クレイジー)

洗濯物干すたびに、何かに試されてる気分…

ストレスMAX女、癒しのコインランドリーへ

以前お話ししましたが、一般家庭に洗濯機があることが珍しいんです。

それも関係していると思うんですが、そこら中にコインランドリーがあります。

家族が多いから洗うの大変!

乾かないから大変!

洗濯物、めんどくさい!

っていう人たちが集まる場所。特に週末の混みようったら、すごいですよ。どこのランドリーも洗濯物の山、山、山!!

ランドリーショップ

フィリピンのランドリーショップの様子。

Lumpiaも癒しを求めてやってまいりました。初ランドリー☆彡

だいたいのランドリーには椅子が設置されていて、洗濯物が終わるまでお店の中で待てます。冷たいドリンクが買えたり、シュウマイが売っていたり、お店によってさまざまな誘惑?をご用意してあなたをお待ちしています(笑) 。

日本と違うところは、料金システムとサービスです。

フィリピンのコインランドリーってこんなとこ

フィリピンのコインランドリーでは、お店の人が常駐しています。

お店によって料金は違いますが、

洗濯物の重量で値段が決定されることが多いです。

※私が行ったお店は9~10キログラムで160ペソ(約343円)で、洗剤込みでした(店によっては洗剤代が別のところもあります。

衣服は基本、夏物なので軽いです。今回3人家族3日分の洗濯物で4キログラムだったので、160ペソのお支払い(もっと溜めていけばよかったかな…)。夏服なので、3日分溜めても軽かった…

洗濯物と秤

洗濯物の重量を量っている所。

↑お店の人が重さをはかってくれる

いかがですか?値段は日本とそんなに変わらないのかな?という印象を受けた方もいると思います。しかし、これは洗濯&乾燥を含めた値段なんです!日本だったら、洗濯に300円、乾燥に300円って感じですよね。そう思ったら半額=お得です。

洗濯が終わるまでに必要な時間は約1時間半。その場で待っていてもいいし、預けてどこかへおでかけしてもOKです。常駐店員が居るので安心!

さらに!!!

洗濯が終わったら畳んで袋に詰めてくれます

主婦にはうれしいサービスです!!けど、フィリピンではそれが当たり前なんですよ。

お得感、増しまし

これぞ、主婦の味方!癒し~!!!

すっかり家事から解放され、フィリピンコインランドリーの虜になりそうなLumpiaでした。

おまけ

ちなみに、『コインランドリー』というのは、和製英語です。

当記事でめっちゃ連呼してきましたが、正確には英語で

Laundromat(ランドロマット)←アメリカ英語

Laundrette(ランドレット)←イギリス英語と言います。

タガログ語(フィリピン語)では、Labahan(ラバハン)。だけど、英語のLaundromatで通じますよ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また是非、遊びにきてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました