フィリピンの正月はいつ!?実は2回あるんです…!!!

ねずみフィリピン情報
ねずみ年のぬいぐるみ

フィリピンには、お正月が2回あります。2回とも共に国の祝日で、国民にお祝いされています。

スポンサーリンク

フィリピンのお正月

フィリピンには2回のお正月があります。

1度目のお正月

フィリピンのカレンダーは新暦です。

そのため、日本と同様に1月1日が新年のスタートの日となります。

フィリピンのお正月(風習、食べ物等)についてはこちら↓

フィリピン正月の風習とは?!いつ?どうやって祝う?答えはここに!
日本では大晦日からお正月にかけて、国独特の風習がありますよね。フィリピンでもお正月の風習があります。もちろん、日本とは全く違った風習なんですが、実はちょっと似ているところもあるんです!!?本日は、フィリピンの風習を中心にフィリピンのお正月に...

2度目のお正月

ここフィリピンでは旧暦のお正月【Lunar New Year(ルナ ニューイヤー):旧正月】もお祝いされているんです!(※主に中国系フィリピン人、フィリピン在住中国人を中心として)

日本でも中華街などでお祝いされている旧正月ですが、フィリピンでは国の祝日としても定められてお祝いされています。

【旧正月をお祝いする国】

中国、香港、ベトナム、シンガポール、韓国、台湾、モンゴル、マレーシア

フィリピンの2020年の旧正月【Chinese new year(チャイニーズ ニューイヤー)】は1月25日になります。

フィリピンの祝日2020年 休日リストとカレンダーはこちら
2020年のフィリピンの祝日について、ご案内します。 ここに載せてあるのはフィリピン全域での祝日になります。これ以外に、地域によっては各地域特有の祝日があることがあります。 フィリピンの祝日は毎年変わります。 ...

よって、フィリピンのお正月は『正月』と『旧正月』の2回です!

旧正月の祝い方

旧正月のルーツは中国から来ています。フィリピンではお正月だけでなく、中国の文化や食が日常生活に取り入れられています。

ショッピングモールには中国のラッキーチャーム(縁起物)売り場が、定期的に現れたりもします。特に今の時期(旧正月が近い時期)は必ず見かけます。

中国のラッキーアイテム

中国の縁起物売り場

フィリピンにも日本と同様、チャイナタウン(中華街)があります。また、フィリピン国内には中国系の学校も数多く存在します。

通常はそういった中国系学校の学生や中国人のコミュニティを中心として、旧正月のパフォーマンスが行われます。

動画の最初の部分に旧正月のパフォーマンスである『the Dragon and Lion Dance(ドラゴン アンド ライオン ダンス)』が出てきます。

動画は終始、英語(フィリピン語も混ざっています…)。最初の方に旧正月の様子、その後は中国から来たお菓子「ホピア」についての説明となっています。↓

the Dragon and Lion Dance(中国の竜ダンス)

the Dragon and Lion Dance(ドラゴン アンド ライオン ダンス)は中国の竜ダンス(以下、獅子舞)です。日本でも獅子舞はお正月のシンボルですよね。その起源は同じく中国からと言われています。

獅子舞はフィリピンでも縁起物なんです。

フィリピンで獅子舞は『繁栄』を表すシンボルで、それにあやかろうと、多くのフィリピン人が「とある風習」を行います(特に商人)。

フィリピンの商店では赤い封筒にお金をいれて店の入り口(高い部分)に貼りだして、獅子舞を待ちます。

その後、商店通りかかった獅子舞がその赤い封筒を食べます。

獅子舞に赤い封筒を食べてもらうとさらなる繁栄がやってくると言われているんです。

獅子舞が商店を練り歩き、ジャンプして、その赤い封筒を食べて回ります(回収していく…と言った方が良いのかな?笑)。

下の写真が縁起物の赤い封筒。主に旧正月に利用されますが、フィリピンでは結婚式などにも利用します。

縁起の良い赤い封筒

主に旧正月に使用される縁起物の赤い封筒

タイトルとURLをコピーしました