フィリピン正月の風習とは?!いつ?どうやって祝う?答えはここに!

フルーツバスケットフィリピン情報
フルーツはお正月に欠かせない必須アイテム

日本では大晦日からお正月にかけて、国独特の風習がありますよね。フィリピンでもお正月の風習があります。もちろん、日本とは全く違った風習なんですが、実はちょっと似ているところもあるんです!!?本日は、フィリピンの風習を中心にフィリピンのお正月について紹介します!

スポンサーリンク

フィリピンのお正月はいつ?

フィリピンは新暦(太陽歴)です。そのため、日本と同じで1月1日が新年の始まりの日になります。ちなみに、日本との時差は1時間。フィリピンが日本より1時間遅いです。

フィリピンの年越しやお正月にまつわる風習

日本でも大晦日、初詣、おせち料理、お年玉…など国独特の風習があるように、ここフィリピンにも国固有の風習があります。あなたが、「コレは日本と似ているなぁ~」と感じる風習はあるかな?ぜひのぞいていってください!

新年の迎え方

フィリピンでは12月31日の夜から新年を祝うパーティーが始まり、そこにはフィリピンを代表するご馳走が並びます。

 

年越しは家族(親族)と共にするのが一般的。

 

 

食べたり、飲んだり、歌ったり、ダンスをしたり…皆が思い思いに新年カウントダウンまでの時間を楽しみます。

 

 

カウントダウンと同時に、その盛り上がりは最高潮に達し、0時(1月1日)を迎えた瞬間、皆で「爆音を鳴らす」のが風習です。
爆音を鳴らすのは、邪気などを追っ払うための風習なんです。

 

 

爆音の種類には様々あります。ロケット花火や爆竹のような花火を放つ、音楽を最大音量で流す、楽器を吹くなど…。近年は花火による事故や火事の多発により、場所によっては花火は禁止されつつあります。

 

フィリピンの新年を祝う楽器で有名なのが、この「Torotto(トロット)」。

トロット

トロット(フィリピンのお正月用トランペット)

 

 

動画はフィリピン語ですが、最初の方にその音色が出てきます。おもちゃのラッパみたいな感じ…。動画ではそこまでうるさく感じないかもしれませんが、結構な大きな音でうるさいです(笑)。

 

動画の最後の方には、フィリピンの正月の様子が写っています。こんな感じでフィリピンではとにかく、「うるさく、かつ、賑やか」に新年を迎えます。

 

家族で新年を迎えた後は、伝統的なゲームをしたり、友達の家やご近所を訪れて新年のあいさつ…朝までパーティーは続きます。

0時になったらジャンプする!?

こちらは子供に関する風習なんですが、1月1日になった瞬間(0時)に高くジャンプをするんです。

 

…なんでだと思いますか?

 

これは、背が高く育ちますように!という願掛けの風習なんです!(笑)なんだかとっても微笑ましい光景!

 

実際にフィリピン人は小柄な方が多いです。Lumpia(るんぴあ)自身は高身長ではない(平均的身長)ですが、フィリピンに住んでいると自分の背が高くなったような錯覚に陥ります。全体的に背が低い人が多いのです。

 

お正月ジャンプの願掛けで、子供たちがすくすく大きく育ってくれますように!!!

お米やお水の容器を満タンにする

来る年に食べ物に困らないように…と願いをかけ、お米やお水の容器は満タンにしてから新年を迎えます。

良い運を呼び込むための仕来り

新年を迎える際に家の窓やドア、クローゼットや引き出しを開けます。また家にあるすべての明かりをともします。

 

これは良い運が舞い込むように…という願いから始まっている風習です。

1月1日は掃除しない!

1月1日に掃除はしません。その日の掃除は年越しで呼び込んだ良い運気を追い出す行為と考えられています。

 


タイトルとURLをコピーしました