パブリックマーケットの様子を写真と共にお届け!フィリピン生活、覗いてみる?

パブリックマーケットのフルーツフィリピン情報

あなたは『市場』に行ったことがありますか?

 

日本でも『市場』があるように、ここフィリピンにも『市場(以下、パブリックマーケット)』があるんです。

 

通常、スーパーマーケットより安値で、新鮮な肉や魚、野菜、果物などが手に入るのでフィリピン国民に人気のお買い物スポット。

 

フィリピンでは自宅で野菜・果物の転売や軽食屋さんをしている方も多いので、ものすごい量の食材を買い込んでいる人も多く見かけます。

 

日本の市場とは少し違った雰囲気のフィリピンの市場。

 

当記事では写真と共に様子をご紹介!

 

フィリピン市場へのプチ旅行、してみませんか?

 

 

この記事をオススメしたい人!

フィリピン人の生活に興味がある人

フィリピンの市場に興味がある人

フィリピンの市場で売っている物を知りたい人

 

 

フィリピンの市場:パブリックマーケットとは

パブリックマーケットとは、昔からある地域に根付いた市場のこと。

 

各地域にそれぞれ市場があり、多くの人が食材を求め訪れます。

イロイロのパブリックマーケット地図

フィリピン、イロイロ市内のパブリックマーケット。沢山あります。

↑私が住んでいるイロイロ市内のパブリックマーケット。各地に散らばってたくさんあります。(赤いマークの場所すべてがパブリックマーケットです)

 

多くの市場では毎週決まった曜日に売り手が集まってきてお店を開きます。(もちろん決まった曜日以外も市場は営業していますが、売り手の数が少ないです)

 

通常、朝が一番混む時間帯(7時前後)で、みんな獲れたての新鮮食材を求めてマーケットにやってきます。

 

るんぴあが行く御用達フィリピンパブリックマーケット(市場)は…

お菓子売り場

マーケットの中にあるお菓子売り場。手前のものはお米のポン菓子。

 

私、Lumpia(るんぴあ)がよく行くマーケットはSUPER(スーパー)という名のダウンタウン(中心街)にあるマーケット。

 

ここは、現地の人々が口をそろえて『イロイロ市で一番安い‼』と言う、ここでは有名なマーケットなんです。

 

 

確かに、安い!そして、扱っている食材の種類がとっても豊富です。

 

 

SUPERには毎日多くの売り手が常駐しているため、決まった曜日だけでなく、毎日繁盛しています。

 

近所のマーケット(Jaro market:ハロマーケット)にもよく行きますが、ここは毎週木曜日が一番繁盛する日となっています。

 

フィリピンのパブリックマーケットの様子~写真と共に~

マーケットのようす

マーケットのようす

 

あなたもパブリックマーケットの雰囲気を少し味わってみませんか…?!

 

ここからは、写真を交えてあれこれ紹介していこうと思います!

 

 

スーパーマーケットとは違った雰囲気はまるで異世界!

 

 売り場のセクションごとにご紹介します!

 

 

フィリピンパブリックマーケット:フルーツ売り場

フルーツは季節によって種類が入れ替わります。

 

季節に関係なく常にあるフルーツといえば、バナナ・リンゴ・オレンジ・カラマンシー(フィリピンの柑橘類)。※リンゴとオレンジは輸入品です。

 

ちょうど今(9月)は、ランブータン(赤いもじゃもじゃしたフルーツ)や、パイナップルドリアンなどがシーズンです。

 

ランブタン マーケットにて

パブリックマーケットの果物売り場。ランブタンとアティス、バナナが売っています。

 

マンゴーは最盛期(5月頃)を過ぎてしまったので、売ってはいますが値段が高いです(シーズン時の倍くらい)。

 

市場には見たことのない南国フルーツがたくさんあり、とっても面白い。

 

私もまだ試したことのないフルーツがたくさんあるので、色々挑戦していこうと思っています。

 

料理用バナナ

料理用バナナ『サバ』の山

 

 

関連記事

フィリピンの南国フルーツ堪能してみませんか?~知ってるアレから知らないアレまで~

アボカドって野菜なの?フィリピンのアボカドの食べ方が衝撃だった件!

フィリピンで出会った不思議なフルーツたち

 

 

フィリピンパブリックマーケット:お肉売り場

パブリックマーケットのお肉売り場

パブリックマーケットのお肉売り場。写真は豚肉と牛肉のお肉屋さんです。

 

写真は、豚肉と牛肉のお店です。…なんだかジブリのアニメに出てきそうな外観ですよね。

 

マーケットには2種類のお肉屋さんがあるのが普通です。

 

ひとつめは、鶏肉だけの鶏肉専門店。ふたつめは、(豚と牛は一緒に売っている)豚肉・牛肉専門店です。

 

各マーケットにお肉屋さん1つずつ…ではなく、似た志向のお店がたくさんひしめき合っています。

 

お店によって値段が違ったりもします。

 

そのため、安いお店を見つけるためには、とにかく『値段を聞く!&他の店と比較する』方法しかないんです。

 

中には生きた鶏(ネイティブチキン:フィリピンの鶏)を売っているお店もあって、お客さんがその中から買いたい鶏を選ぶ→その場でさばく(もしくは生きたまま購入し、家でさばく)んです。

 

ネイティブチキン

市場で売られているネイティブチキン

 

その場でさばかれた鶏はこんな感じで売られています(魚の開きみたいになってます)。

特別な処理なく食べられる内臓もついている。

 

 

横で生きた鶏がスタンバイしているのはなんとも切ないというか…初めて見た時は衝撃でした。

それを見るたびに命を頂いているんだと思い出します。感謝しながら頂かないと…ですね。

 

 

関連記事

フィリピンの有名なお肉料理をご紹介 衝撃!豚の○○○○とは?

 

 

フィリピンパブリックマーケット:お魚売り場

鮮魚売り場

パブリックマーケットの鮮魚売り場。

 

魚の種類も豊富で、日本人に馴染み深い魚も売っています。

 

海老、カニ(ワタリガニ)、ホタテ(小さめ)、カキ、イカ、アジ、カツオ、マグロなど…。

 

 

もちろん、南国特有の魚や、フィリピンの魚(国の魚:ミルクフィッシュという)も売っています。

ミルクフィッシュは養殖されている、日本語で『サバヒー』という名前の白身魚です(サバとは関係ない別の種類の魚です)。

 

ミルクフィッシュ

フィリピン国魚:ミルクフィッシュ

 

どうやって料理すればいいのか分からない魚も多いですが、聞くと、とりあえずニンニクとか醤油、酢などでマリネして油で揚げるか、ココナッツミルクで煮る!みたいな事を言われます。

 

 

干物売り場

パブリックマーケットの魚の干物売り場。色々な種類があります。

 

魚の干物も売っています。とにかくしょっぱいです!

フィリピンでは魚の干物にご飯、目玉焼きのセットが一般的な朝食なんだって…

 

 

 

フィリピンパブリックマーケット:お野菜売り場

日本でもお馴染みの野菜が売っています。特に夏野菜です(フィリピン暑いからね…)。

 

長いインゲン(ささげ)やゴーヤ、へちま、かぼちゃ、おくら、なす、とうもろこし、コマツナ、空心菜、ミニトマト、玉ねぎ、にんにく、里芋、さつまいも、しょうがなど…

 

日本人にもわかる野菜がいっぱいありますよね!

 

野菜売り場玉ねぎ

パブリックマーケットの野菜売り場。紫色の小さい玉ねぎはフィリピン料理に欠かせません。

 

野菜の中でも特に、ニンニク、玉ねぎ(小さい赤玉ねぎ)、トマトはフィリピン料理に欠かせない食材です。

 

もちろん、フィリピン特有の食材も多くあります。

 

日本では馴染みのないグリーンパパイヤや、ココナッツ、料理用バナナ、みたことのない豆類、よくわからない葉物野菜など…色々と見かけます。

 

初めて見る食材があるとちょっとワクワクしませんか!?

 

…どうやって正確に料理するかは分からないけど、Lumpia(るんぴあ)はいつも興味津々で買ってしまいます!

 

野菜

市場にある野菜売り場

 

 

あっ!そうそう…

 

ここでは、変な(?)風習があってショウガを買うとき手渡ししてはいけないんです!

 

 

ショウガを買いたかったら、どこかに置いてから、「これください」ってお店の人に言わないといけない…

 

 

理由は、フィリピンの迷信で、手渡しすると、お腹を壊すから…‼

 

…だそうです。

 

 

最初、それを知ったとき「そんな馬鹿な~!!」って思ってしまったんですが・・・フィリピンの人々は皆、そう信じています。ちゃんとルールには従いましょう。

 

 

迷信忘れて手渡ししようとすると、結構リアルに嫌がられます…(笑)

 

 

フィリピンパブリックマーケット:卵売り場

卵売り場

パブリックマーケットの卵売り場です。大きさによって値段が違います。

 

卵はこんな感じで売っています。卵の種類や大きさで値段が違います。

 

ここで買えるのは、鶏卵、ダックの卵、ウズラの卵など。

 

 

フィリピンパブリックマーケット: お米売り場

お米売り場

パブリックマーケットのお米売り場です。

お米はこのようにオープンな状態で売っています。

 

お客さんが多いお店を選ぶ事で、鮮度のいい(大袋からおろしたての)お米をゲットできますよ。

 

値段はピンキリですが、私はいつも真ん中くらいの価格の物を選んでいます。

 

安いものは壊れたお米が多いため、味はあまりよくないです。

 

 

米はジャスミンライスという長細いお米がメインで、それが以外にもち米、黒米、赤米なども売っています。

 

お米売り場以外にも雑穀、豆類、ナッツ類などを売るお店もありますよ。

豆

雑穀や豆類などを売っているお店

 

 

関連記事

フィリピンのもち米料理ヴァレンシア―ナ レシピを公開します!

 

 

フィリピンパブリックマーケットに対する印象

洋服

野菜売り場の奥には洋服売り場まであったりする。

 

実際にはここで紹介しきれないくらい、色々な売り場があります( フィリピンの伝統的なお菓子のお店とか、洋服屋さん、金物屋さんなど…)。

 

一気に買い物ができる素敵スポット。

 

しかし!

 

現地の人でも、パブリックマーケットの臭いがダメ(魚や肉売り場独特の臭い)とか、清潔感がないのがちょっと嫌…とかで、利用したがらない人もいます(特に若い世代)。

 

 

しかし主婦歴十何年のLumpia(るんぴあ)にとってパブリックマーケットはとても魅力的!

 

食材が新鮮で安いので言う事はありません。

 

しかも、結構オマケをゲットできたりもするんですよね~!嬉しい!

(お願いしなくても料金の端数をまけてくれたり、食材をプラスにしてくれたりします。)

 

 

もちろん、パブリックマーケットの見た目が苦手な人も多いのも分かります…。

スーパーマーケットと比べたらそりゃもう…カオス状態です(笑)。

 

虫はいるし、犬猫もいるし、ネ…ネズミとかも…(ネズミはスーパーマーケットでもみかける)。

 

 

正直、脳内で美化フィルターをかけないと買物できません(笑)。

日本の清潔な環境と比較したら…そりゃもう…(以下省略)。

 

 

しかし、あえて旅行の際に『フィリピン人の生活に欠かせない場所:パブリックマーケット』を訪れるのはきっといい経験(&ネタ)になるんじゃないかな?と思います。

 

 

現地の人の生活にふれることができるスポットとして、おススメします~!

(果物も安いしオススメです!)

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 に参加しています。ポチ☆っとしていただけると嬉しいです!

↑どこまでいけるか挑戦中!(/・ω・)/人気ブログランキング

最後まで読んでいただきありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました