フィリピン通貨のレートの調べ方 紙幣の種類や単位を教えます!【お金事情】

フィリピン紙幣と硬貨フィリピン情報

フィリピン通貨の種類やレートを知っていますか?

 

フィリピン旅行や為替をしない限りは、知らないと知識だと思います。

 

本日はフィリピンの通貨についてお話しします。

 

フィリピン旅行や留学をお考えの方、事前にフィリピン通貨について学んでみませんか?

 

フィリピン通貨:種類は何種類?

日本の紙幣は4種類、硬貨は6種類に対して、フィリピンのお金は紙幣が4種類、硬貨が6種類あります。

 

あっ、全く同じですね(笑)!

 

しかし現在、フィリピンでは新コインと旧コインが混在しているため、デザインが違う硬貨がみられることがあります。各硬貨のデザインも似ているので、支払い時には気をつけましょう。

 

フィリピン通貨:単位と円換算の方法(レートについて)

フィリピンのお金の単位は『フィリピンペソ』です。

 

現地では、『PISO(ピソ)』と呼ばれています(けど実際、日常ではペソって言ってる人のほうが多い)。

 

フィリピンペソのレートは日によって変わりますが、1ペソ2.1円~2.5円です(2019年現在は2.1円台をウロウロしている感じ)。

 

円ペソ換算はGoogle検索でも『フィリピンペソ 円』で検索すると換算ツールが出てきますし、こちらのサイト『為替レート換算機』でも簡単に換算できます。

日本 円→フィリピン ペソ通貨換算機
為替電卓で日本 円からフィリピン ペソへ換算しよう。日本 円に対するフィリピン ペソの現在の交換レート。

 

レートによって多少の誤差はありますが、フィリピンペソ1ペソ=およそ2円という計算になります。

フィリピン通貨:紙幣(お札)の種類

フィリピン紙幣は以下の6種類です。

 

フィリピンの紙幣

フィリピンの紙幣

1000ペソ(2000円くらい):水色の紙幣。

500ペソ(1000円くらい):黄色の紙幣。

200ペソ(400円くらい):緑色の紙幣。

100ペソ(200円くらい):紫色の紙幣。

50ペソ(100円くらい):赤色の紙幣。

20ペソ(40円くらい):オレンジ色の紙幣。

 

紙幣のデザインは、表にフィリピンの国民的英雄、裏にフィリピン世界遺産や地図の絵が描いてあり、偽札防止のキラキラがついています。紙幣の大きさはすべて同じなので、色やデザインで区別します。

 

1000ペソや500ペソは大きな買い物をするときには使用しますが、交通(タクシー、バス、ジプニーなど)の支払いには向きません。ドライバーが大きいお金を崩せるだけのお釣りを持っていないことが多いので、乗車拒否や、つり銭がかえってこないといったトラブルがまれにあるようです。

 

私もタクシー乗車時に1000ペソしかなくて、ドライバーさんに「持っている小銭全部でいいよ」って言ってもらった事があります。だいぶマケて貰い、本当に申し訳なかったな〜(正規料金の3分の1くらいしか小銭がなかった)。

 

私の場合はドライバーさんが優しい方だったので良かったですが、高い金額を払ってお釣りなしっていうケースもあると思うと怖いですよね。交通機関を利用する際は細かいお金(100ペソ以下の紙幣、硬貨など)を複数持つよう心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました