海外と日本の入出国制限【確認法と現状まとめ】2020年4月6日更新

世界地図感染症・医療情報

世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症のパンデミック宣言をだし、それに伴い各国で感染拡大防止の対策が強化されています。

 

パンデミック:【感染症の世界的大流行】を示す言葉

 

そのため現在、各国の入出国制限も厳しくなっています。

 

国によっては感染対策が日々変わっており、それに伴い各航空会社が便を欠航したり減便している状況です。

 

急に飛行機が欠航して人々が国に帰れず空港に取り残されるという問題も発生しているため、現段階での緊急性のない渡航は基本的にお勧めできません。

 

※現在、日本は感染症危険度レベル3【渡航中止勧告】を49か国、レベル2【不要不急の渡航を控えて】をレベル3以外の全世界に発出中です(2020年3月31日~)

 

 

当記事では、【海外の入出国制限】【日本の入出国制限】についての確認法や現状をまとめました。

 

海外から帰国する方、これから海外へ行く方は事前に現状を確認し対策をたてましょう。

 

\この記事を読んで分かる事/

海外(世界各国)が定める入国制限【海外の入国制限の調べ方】

外務省海外安全ホームページで得られる情報【種類と概要】

世界各国の危険度レベルとその意味【感染症危険情報、危険情報について】

現在出されている新型コロナウイルス感染症に対する感染症危険情報【最新】

日本への入国に関する通知【水際対策による検疫の状況】

※一部トピックスは時系列になっています。最新情報は最新日付より確認してください

海外における渡航者の入国制限を知ろう

行ける行けない

行ける?行けない?

 

海外の新型コロナウイルスによる入出国制限を知るためには、

1.世界各国が定めている入国制限
2.日本が定めている入出国制限

の2つを確認する必要があります。

 

この2つの情報は【外務省 海外安全ホームページ】にて確認が可能です。

 

外務省のページでは世界各国での新型コロナウイルス感染状況だけでなく、さまざまな情報を発信しています。

 

海外渡航前には渡航先の状況を必ず確認するようにしましょう。

外務省 海外安全ホームページで得られる情報の内容

海外渡航前には新型コロナウイルス感染症の以外の情報確認も、こちらのホームページより済ませておきましょう。

【海外入出国制限】

「海外安全情報」より閲覧可能

感染症や紛争などによって各国の危険度がわかる。

【海外渡航に役立つ情報】

「海外旅行」「海外出張/ビジネス」「海外留学/海外修学旅行」「海外生活」より閲覧可能

海外渡航時の注意点やトラブル対応策、必要手続きなどが確認できる。

 

【世界で流行している新型コロナウイルス感染症の情報】

現在は「外務省 海外安全ホームページ」のトップページから閲覧可能

世界各国の危険度レベルと入出国制限の確認ができる。

 

世界の新型コロナウイルス感染症の状況:2020年4月1日更新

新型コロナウイルス感染症関連情報は現在、以下のような情報を知ることが出来ます(※下リンクから直接閲覧可能)。

【概要】
・入国拒否対象地域に新たに49か国・地域(注)を追加(日本国籍者は対象外)
・全ての国及び地域からの入国者に対する検疫強化(日本国籍者も対象)
・全ての国及び地域からの入国者に対する検疫強化(日本国籍者も対象)
・海外のビザ失効・停止など
【概要】
・1万人あたりの感染者数,海外からの移入例等を考慮し,49か国・地域に対し,感染症危険情報レベルをレベル3【渡航は止めてください(渡航中止勧告)】に引き上げ。
レベル3の国・地域を除く,全世界に対し,感染症危険情報レベルをレベル2【不要不急の渡航は止めてください】に引き上げ。

 

【概要】
全世界への渡航について、危険情報として(※)レベル2【不要不急の渡航は止めてください】とする事の発表があった。
理由としては、『渡航先の国・地域において行動制限を受けたり,出国が困難となる事態を防ぐため』としている。
※感染症危険情報ではなく、危険情報としての通知です。

 

【概要】
世界各国での入出国制限強化の可能性を警告日本での検疫強化や水際対策について新たな措置を行う事について記載された報告書。
当ページより、【お問い合わせ先】【参考ホームページ】などが確認できる。

 

 

 

【概要】
新型コロナウイルス感染症の【国別感染者数の推移】【1万人当たりの感染者数】が確認できる。
当ページの下にある国名をクリックすれば、その国の『危険・スポット・広域情報』にページにとぶので、情報詳細が確認できる。

 

 

 

【概要】
各国において【日本からの渡航者、日本人に対して取られる措置】についてが分かるページ。
1.感染者確認国(日本を含む)からの入国・入域制限がある国・地域
2.入国後に行動制限措置がとられている国・地域
その下に各国の詳細と各国の在日大使館ホームページリンクがある。

 

 

 

【概要】
中国の【危険・スポット・広域情報】ページにとぶ。
こちらでは『危険情報』『感染症危険情報』とともに、『スポット情報・広域情報』より各詳細情報が確認できる

 

 

 

【概要】
世界保健機関(WHO)が発表する中国での新型コロナウイルス感染者数についての資料が確認できる。
※3月16日以降の更新は今の所なし

 

 

【概要】
新型コロナウイルス感染症の管内各地における移動制限がみれる。
見たい地域を選択すると、隔離措置や入境制限、航空路線の運航状況などが確認可能。

 

 

 

【概要】
韓国の【危険・スポット・広域情報】ページにとぶ。
こちらでは『危険情報』『感染症危険情報』とともに、『スポット情報・広域情報』より各詳細情報が確認できる

 

 

 

【概要】
イタリアの【危険・スポット・広域情報】ページにとぶ。
こちらでは『危険情報』『感染症危険情報』とともに、『スポット情報・広域情報』より各詳細情報が確認できる

 

 

 

【概要】
WHO中国合同ミッション報告書のPDFファイルが確認できる。

 

海外の【日本人に対する】入国制限を知るためには

【新型コロナウイルス 日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限】のページより、私たち日本人に対する入国制限や入国後の行動制限を詳しく見る事が出来ます。

※随時更新されていますが、訪問する国の情報がない場合は念のため、各国の在外公館のホームページにて情報がないか確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました