新型コロナウイルス【正しい手洗いのテクニックと注意点】

正しい手洗い感染症・医療情報

新型コロナウイルスによる社会問題が深刻化し、感染予防グッズ以外の品も日本全国の商店から無くなるという異常事態が発生しています。

 

感染対策グッズで言えば、マスクの買い占め転売や、消毒液(アルコールなど)の品薄状態が未だに続いていますよね。

 

 

品薄状態が続くこともあり、新型コロナウイルスには【アルコール】が効くんだ!というイメージを強く持つ方が多いのではないでしょうか?

 

 

もちろんそれは間違った知識ではありませんが、「アルコール消毒液がないからといって感染対策ができない」わけではありません。

 

石けんでの手洗いも立派な新型コロナウイルスの感染予防のひとつです。

 

そこで本日は、新型コロナウイルスに対応した「接触感染予防」の基本、

 

【正しい手洗いのテクニックと注意点】についてお話します。

 

 

不安な日々が続きますが、『正しい手洗いの知識とテクニック、注意点』を今一度再確認し、実践しながら乗り切っていきましょう!

 

新型コロナウイルスの接触感染予防とは?

ハンドソープ

石けんやハンドソープで対策できる!

 

新型コロナウイルスに対応する感染対策は【飛沫感染対策】と【接触感染対策】の2つです。

 

【新型コロナウイルス感染対策の基本】詳しくはこちら↓

フィリピン新型コロナウイルスの状況と【今日から実践したい正しい予防法】
新型コロナウイルスのフィリピンでの状況をお知らせします。合わせて医療従事者が紹介する今日から実践できる【正しい予防法】も公開。簡単なルールを意識するだけで予防効果がぐっと上がります。

 

 

本日焦点をあてる手洗いは接触感染予防法の1つ。

 

【手洗い】や【環境の消毒】などの対策を接触感染予防策と言い、感染対策の基本「病原菌をもらわない」「ひろげない」「もちださない」を実践する方法です。

 

 

新型コロナウイルスの接触感染における原因物質感染者が咳やくしゃみで飛沫する分泌物や鼻かみ液など

 

 

その原因物質との「接触を減らすこと」で、第三者が感染するのを防ぐことができます。

 

新型コロナウイルスにおける接触感染の広がり方

先ほどもお話しましたが、新型コロナウイルスの接触感染の原因物質は『感染者の分泌物』です

 

 

【感染者の使用済みマスクやティッシュ】、【感染者の咳・くしゃみの飛沫】は感染リスクの高い物質

 

加えて私たちが過ごす環境の中で病原体が付きやすいモノも同様に感染リスクがある物質です。

 

 

環境中の【日頃よく触る場所】、【必然的に触らなくてはならない場所】、そして【感染者の周囲にあるモノ】などが対象となります。

 

 

ドアノブ

ドアノブは必然的に触らなくてはならない場所

 

 

【病原体が付きやすいモノと、その対策】はこちら↓

新型コロナウイルス対策 【感染症拡大を防ぐために個人でできるテクニック】
新型コロナウイルスの【感染対策】は自分自身や身の回りの人を守るために必須の方法です。それ以外にも、私たちにできる感染拡大を防ぐテクニックがあります。環境にひそむ【感染リスク】を知ることで対策をとることができるようになります。

 

 

新型コロナウイルスの場合、感染者の分泌物【感染源】が人の手についたり、モノについたりするところから接触感染がスタートします。

 

「病原体がついた人の手やモノ」から、「別の人の手やモノ」へ病原体が受け渡される…を繰り返すことで、病原体が広い範囲に広がっていきます。

 

そしてこの「病原体がついた手」で、顔を触ったりモノを食べたりすると第三者は感染します(※注意:必ず感染する訳ではありません)。

 

 

この道のり(感染経路)を見て、原因物質を取り去るために私たちができること…なにがあると思いますか?

 

接触感染の原因物質を排除せよ!

感染予防とは、感染の原因になる物質を排除感染の広がりを抑えることを言います。

 

上の感染経路を見て、私たちができる「病原体を排除する方法」は3つあります。

 

①手洗い:正しいタイミングで正しい手洗いをすること

 

②環境の消毒、除菌:感染源になる可能性が高いモノを消毒、除菌すること

 

③感染の可能性があるモノを避ける:触って感染するリスクを下げること

①〜③を行うことで病原体を避けることができ、新型コロナウイルスの感染リスクが低下します。

 

 

しかし、ここで重要になるのが「感染対策の精度」です。

 

 

手洗いや消毒の手順を「どんな時でも正確に行えるのか」という点がとても重要になるという事です。

 

 

そこで今回は【正しい手洗いの方法】と、【手洗い手順のポスターでは教えてくれないテクニック&注意点】をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました