子供向け英語本も大充実の書店に行ってみた!気軽に買える中古本はおすすめです!

本棚留学・英語学習
英文書籍が並ぶ本棚

本日はフィリピンの書店のご紹介。留学期間中、留学生は基本的に語学学校が用意した教科書と向き合う日々です。勉強をしに来ているので当然ですが…自分の興味のある話題の英文に臨むのと、授業で与えられた英文に臨むのでは気分がだいぶ違うものです。興味を持てる英文書、探しに行ってみませんか?

スポンサーリンク

英語書籍のすゝめ

ここフィリピンでは本屋さんに置いてある本のほとんどが英語書籍です。もちろんフィリピン語(タガログ語)の本も置いていますが、割合的には英語書籍が多い印象。雑誌や小説、漫画、絵本、学習書など…ほとんどが英語表記です。

大人向けの本ばかりでなく、子供用書籍も大充実!さすが子供が多い国、フィリピンです。塗り絵から教育書(算数、英語など各種)、絵本や仕掛け絵本、子供向け雑誌など様々な種類がありますよ!本棚を見て回るだけでも本当に楽しいです!

辞書をつかって英文を読んでみよう

日本で英語書籍を探すのって大変ですよね。大きな本屋さんに行かないとなかったり、あっても英語学習書としてすでに日本語訳がついたものだったり…。日本語訳が一緒に載っていると読むときにとても助かりますが、自分で単語を調べる力がつきません。

英単語を一つ、辞書で引いてみてください。
一つの単語なのに、複数の意味を持っていたりしませんか?
日本の学習書は英文に合った『これぞ!の意味』しか載せなかったりします。なので、次に同じ単語を見たとき上手く訳せなくて「????」となることが…。もちろん、これは英語学習者の混乱を避けるための仕組みなので、その都度新しい意味を覚えていくしかないんですけどね…。

しかし自分で英単語を調べながら英文を読み進めていく場合、初めから複数の意味と向き合うことになります。『この文の場合はこっちの意味なんだろうな~…みたいな推察力も共に育つので』、英文を辞書を片手に読んでいく勉強法はおすすめです。

私が留学の際に衝撃を受けたのは「gay」という単語。これは「ゲイ」です。

皆さんご存じの通り、名詞としては「男性の同性愛」とか「同性愛者」という意味。形容詞では「同性愛者の~」、「同性愛の~」という使い方をします。世間ではこの意味でまかり通っているんですが、実は違った使い方もするんです。

類義語(synonyms)を調べると…こんなにたくさん!

類義語

gayという単語の類義語。多数あります。

queer(奇妙な)というマイナス印象の言葉もありますが、happy(しあわせな)やgleeful,joyful(楽しい、うれしい)、merry,cheery(陽気な)など…ほとんどが「陽気な、楽しい」といった意味の単語ばかり。

実は、gayには①「同性愛者の~」という意味以外に、②「陽気な、楽し気な、はなやかな、うきうきした」という意味もあったんです。

もしあなたが、①の意味しか知らなかったら、gay voices(ゲイ ボイシズ)を「同性愛者の声」と勘違いすると思います。実際には②の「陽気な人声」として使われます。だいぶ意味が変わってきますよね。こういった発見があるので辞書をつかって英文を読むのは結構面白いんですよ!

あなたが興味のある本はなんですか?

あなたが普段、よく手にとる本はなんですか?ファッション雑誌?小説?漫画?学習書?旅行の本?…本のジャンルってたくさんあって面白いですよね!!

Lumpia(るんぴあ)は百科事典や料理・手芸の本を見るのが好きです(だいぶジャンルがバラバラ…)。英語に挑戦する上で、こういった興味は本当に助けになるんです。

例えば、授業の内容が歴史だったとき…歴史に興味がないとだいぶ苦痛です(それは私・笑)。もちろん、勉強になることも多いので「そーなんだ!知らなかった~。」とは思いますけど…正直、モチベーションはそこまで高くない。

そんなとき、現実逃避できる!だけど英語からは逃避しない!それが興味のある本を読む事なんです。

お得に英文書籍をGETしよう

フィリピンにも本屋があります。ショッピングモールに1つは入っています。有名なのは『National Book Store(ナショナルブックストア)』。どこのショッピングモールにもだいたい入っています。文房具から本、知育おもちゃまで様々なものを取り揃えています。

ナショナルブックストア

フィリピンの本屋、ナショナルブックストア。

この本屋では、たまにセールが開かれます。日本の本屋ではあまり見ない光景だと思いますが、書籍も割引対象になるのでセール時に本を購入するとお得です。私は日本に住んでいる姪っ子や甥っ子のお土産に英語の絵本を買ったりしました。子供向け書籍コーナーが大充実しているので、私の息子が大好きなお店のひとつです。

本屋のセール

本屋さんで開かれるセール。

しかし、セールは不定期なので留学や旅行期間中にあたればラッキーといったところ。他にお得に英文書籍を手に入れられないものか…!?そこで今回、紹介したいのが中古本のお店です。

中古本のお店『BOOKSALE』

BOOKSALE(ブックセール)は大きなショッピングモールでみかける中古本のお店です。National Book Storeのように文房具やおもちゃなどは置いていません。中古本のみです(見た目が新しいものもあるので、売れ残りとかも扱っていそうな感じです…)。

ブックセール

ブックセールという中古本のお店

こちらのお店で扱っている本のジャンルはいろいろあります。店は本であふれかえっているので探すのは正直大変ですが、ジャンル別になんとなく分かれて置いてあるのでそれを頼りに探していくといいと思います。

ブックセールの中

ブックセール、お店の様子

値段は本や本の状態によって異なりますが、25ペソ(約54円)〜という低価格で手に入ります。私は子供と一緒にここに来てかわいい絵本や雑誌を探すのが好きです。

最近、Lumpia(るんぴあ)がBOOKSALEで購入した本を一部、紹介します。普段買うのはほとんどが絵本です。

『The Super Smelly ALEAN』ーーーKate Leake

『めちゃ臭エイリアン』←※注意:Lumpia(るんぴあ)の訳。たぶんこんな感じ(笑)。とってもとっても臭いエイリアンが旅をするお話です。英語レベルは低めで、幼児向けの絵本。50ペソ(約108円)。

『Goodnight Pirate』---Michelle Robinson/Nick East

『おやすみ、海賊』←※注意:Lumpia(るんぴあ)訳。直訳です…センスがない(笑)。

男の子と、その子が大事にしているおもちゃの海賊とのお話です。寝る前に読む本。こちらも英語レベルは低めで幼児向け絵本です。前の本と同様に50ペソでした。

『National Geographic』
ご存じの方も多いと思います。『ナショナルジオグラフィック』。こちらは地理(geographic)の知識の普及を目的として作られた米国の月刊誌です。地理といってもジャンルは様々で、世界中のニュースや写真、動物、科学、歴史、文化などを紹介しています。こちらはYouTubeで動画を観ることもできます。
写真は2014年11月に発行されたもの。143ペソ(約309円)でした。他にも沢山あったのですが、Lumpia(るんぴあ)はこのZombies(ゾンビ)というフレーズにやられて購入(笑)。ゾンビはメイントピックスというだけで、他の話題も含まれていました。専門用語も多く記載されていますが、一般の人に向けて書かれているので分かりやすい。専門書とはまた違った感じです。
かわいい動物モノの記事や、外国の文化を中心としたもの…さまざまなジャンルがあるので興味のある方は是非!(日本語版もありますよ!)
英語の勉強は継続が大切です。Lumpia(るんぴあ)は分からなくなって、よく投げ出したりもしますが、そんな中でも興味がある本は別。意外と楽しく読めちゃいますよ。ぜひ、お試しください!

子供向け洋書←おススメ子供向け洋書はこちら。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 に参加しています。ポチ☆っとしていただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました