フィリピンと日本の小学校を比較 教育の違いはあるの?

教室の風景留学・英語学習

本日はフィリピンと日本の小学校教育の違いについてご紹介します。

 

現在、息子が通っているのはフィリピンのインターナショナルスクールで幼稚園〜高校までの一貫校です。

 

入学準備についてはこちら↓

フィリピンの小学校選びと入学準備について 
息子は現在、フィリピンの小学校に通っています。学校の種類は日本と同じく、公立と私立があります。今回は、フィリピンでの学校選びについてご紹介します。

 

国が違えば、教育もやはり違います。私が日本とは違うな〜と感じた点についてまとめてみました。

フィリピン小学校の教育内容(低学年)

日本で小学校の低学年で習うことと言ったら、国語、算数、生活、音楽、図工、体育、道徳などがありますね。

 

フィリピンも、大まかに言えば大体一緒です。

 

国語(もちろんフィリピン語)、算数、Civics(社会や生活について学びます)、音楽、美術、体育、CL(道徳みたいなものだと思います。カトリック教の勉強です。)、コンピューター、英語があります。

 

英語については、フィリピンでは公用語として学習されています。

フィリピン小学校の授業内容

教育科目以外の違いといったら、おそらくは授業内容だと思います。

 

例えば、体育について。

 

日本は物資に恵まれているので、体育では跳び箱やマット運動、水泳など、基礎体力の向上を図った教育が組まれていますよね。

 

一方、フィリピンでは、そういった道具や特別な設備を使ったスポーツはあまりやらないようです。
簡単に言えばお金がかからない競技が多いということ。

 

体育ではボール遊びや、ランニング(追いかけっこなど)、ダンスなどをしています。球技といえば、男子はサッカー、バスケットボール。女子は、バレーボールって感じです。

 

しかし、体育の授業でのダンス練習の割合がとても多い。

 

なぜなら、月に一度はあるんじゃないかってくらい、アクティビティ(特別活動)が多いんです。

 

そこで毎回、生徒たちは保護者にダンスを披露します。だから、体育といったら、ダンス。練習で忙しいんですね・・・。

特別活動とは?

月に一度はあるんじゃないか・・・とお話しした、特別活動とは、日本で言ったら「運動会」みたいなものです。

 

生徒だけでなく、保護者や兄弟も参加します。

 

例えば、国連の日(United Nations Day)には、各国のコスチュームを着て、ダンスを披露します。

フィリピンの学校に根付いた行事!皆でお祝いする国連の日とは?
みなさん、国連の日:United Nations Day(ユナイテッド ネーションズ デイ)ってご存じですか?私は名前だけ知っていましたが、フィリピンに来てから詳しく知ることになりました。なぜなら、ここフィリピンではUnited Natio...

 

クリスマス(Christmas Day)には、各家庭から食べ物を持ち寄ってお祝いします(もちろん歌やダンスも披露)。生徒間でのプレゼント交換なんかもあります。

 

そんな感じで、各イベントでは全生徒が、ダンスなどを大勢の人前で披露します。(おそらく大学も同じくだと思います。保護者が来るかは分かりませんが…)

 

特別活動でのパフォーマンスはダンスだけではなく、歌や劇など種類は色々あります。

試験について

フィリピンの小学校は4学期制です。各学期の終わりに学科試験があるのが普通です。

 

成績表の評価は、学科試験を含み、授業態度、イベント参加度や小テストの出来具合などから、総合的に評価されます。試験の出来が100%ではありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました