フィリピンの薬局で手に入る薬や商品について

イブプロフェン留学準備
フィリピンの薬

前回は、日本から持ってきた常備薬についてお話しましたが、今回はフィリピンで買える医薬品について紹介します。こちらで手に入る医薬品を知ることで、留学や旅行前の心配が少しでも減ればいいな~…と思っています。

フィリピンで医薬品を買う前に・・・

フィリピンの医薬品を買う前に、一つ知っておいてほしい事があります。

それは、フィリピンの薬は日本の市販薬より効き目が強い、そしてサイズが大きい(飲みづらい)事です。大人用の薬では、顆粒(粉)の薬は主流ではありません。副作用が出る方もいるかもしれません。体質によるので、不安な方は体に合った薬を絶対に持ってきて下さいね。

お薬の買い方

一部の薬を除いては、医師の処方箋なしで薬局で購入できます。抗生物質は医師の処方箋が必要になります。店頭のスタッフに症状を伝えると、お勧めの薬を用意してくれます。

薬局はショッピングモールやスーパーマーケットには必ずありますし、病院の近くにも沢山あります。物によってはスーパーマーケットの一画に売っていたりもします(メジャーな風邪薬)。

通常薬は1錠売りなので、必要な日数分を伝えてください。Lumpia(るんぴあ)はだいたい1日3錠の薬なら7日分(21錠)購入します。解熱剤(鎮痛剤)の場合はこれよりも少なめに購入し、家には常に3錠ほどストックしておいています。

フィリピンにある薬

風邪薬

総合風邪薬もありますが、基本的には日本の病院で処方されているような単品の薬が主流です。例えば、鼻水や痰切りにはカルボシステイン、アレルギーにはセチリジン…といった感じです。日本の病院で処方されている薬を、処方箋なしで薬局で買うといった感覚。子供用はシロップが主流となってます。あなたが日本で処方されて問題なかった薬の名前と量を、留学前に「お薬手帳」などで確認しておく事をおススメします。

実際に何の薬を買えばいいか分からないと思いますが、薬局で薬剤師に症状を伝えたら教えてくれますまた、語学学校の先生の中には実は看護師、という人も多いので、何の薬がいいか?など…相談してみてください。

参考までに、Lumpia(るんぴあ)が風邪をひいた際に使用している薬を載せておきます。使用前に成分をチェックし、自分の体に合わないものがあれば使用を避けるようお願い致します。
※使用前は必ず説明書をよく読み、用法用量を守って服用しましょう。

BIOFUL(バイオフル)

バイオフル

BIOFUL(バイオフル)

総合風邪薬です。鼻づまりや咳などの風邪、発熱に対応したお薬。成分はPhenylephrine HCl(10mg)、Chlorphenamine Maleate(2mg)、Paracetamol(500mg)です。

大人または12歳以上の子供用。1カプセルを6時間毎(食後)、もしくは医師の指示に従って服用すること。

Phenylephrine HCl(フェニレフリン塩酸塩):血管収縮に働く成分。鼻粘膜などの充血や腫れをおさえるので、鼻づまりに効果がある。
Chlorphenamine Maleate(マレイン酸クロロフェニラミン):アレルギーの原因となるヒスタミンの働きを抑える薬。蕁麻疹や上気道炎に伴う鼻水、くしゃみ、咳などの治療に用いられる。
Paracetamol(パラセタモール=アセトアミノフェン):解熱、鎮痛剤。アセトアミノフェンが体に合わない人は使用しないでください。

Carbocistaine【Solmux】(カルボシステイン)

鼻づまり、たんなどに効くお薬です。成分はカルボシステイン。

カルボシステインカプセル

カルボシステインカプセル500㎎

●カルボシステイン500㎎カプセル
大人または12歳以上の子供用。1カプセルを8時間毎(食後)、もしくは医師の指示に従って服用すること。
カルボシステインシロップ

カルボシステインシロップ

●カルボシステインシロップ
12歳未満の子供用。箱に摂取量は記載されている(各年齢により異なる)。記載量を8時間毎(食後)、もしくは医師の指示に従って服用すること。
Carbocistaine(カルボシステイン):粘液をサラサラにする薬。たんや鼻水を出しやすくする。鼻づまりや上気道炎などに使用される。

Cetirizine【Allerkid】(セチリジンシロップ)

セチリジン

セチリジンシロップ

アレルギー症状各種(鼻水、目のかゆみ、皮膚のかゆみなど)、鼻づまり、咳などの症状を改善する。年齢によって商品が違うので、購入の際は薬剤師に必ず年齢を伝えてください。成人用は普段買いませんが、多分売っていると思います。

Cetirizine(セチリジン):抗ヒスタミン薬のひとつ。

Loratadine【Claritin】10㎎タブレット(ロラタジン)

ロラタジン

ロラタジン

抗ヒスタミン作用により、アレルギー反応を抑える。鼻づまり、咳などの症状を改善する薬。大人は1日1錠(食後)、もしくは医師の指示に従って服用すること。

Loratadine(ロラタジン):抗ヒスタミン薬のひとつ。

鎮痛剤

鎮痛剤(痛み止め)は、ロキソニンはフィリピンでは見たことがありません。イブプロフェンやパラセタモール(アセトアミノヘン)が主流な感じです。ともに痛みを和らげる以外に、熱を下げる働きもあります。

Ibuprofen 400㎎カプセル(イブプロフェン)

イブプロフェン

イブプロフェンカプセル

●イブプロフェン 400㎎カプセル(大人用)

Lumpia(るんぴあ)は歯痛の際、医師に処方してもらったのですが、6時間おき1錠(痛みや熱があるとき)との指示でした。しかし、日本では200㎎(フィリピンの半量)が主流で、その場合1回1錠、1日2回までという用法が一般的のようです。

イブプロフェンシロップ

イブプロフェンシロップ

●イブプロフェンシロップ(子供用)

用法用量は箱に記載されています。年齢により異なるので、しっかりと読んでから使用してください。

Ibuprofen(イブプロフェン):非ステロイド系の消炎鎮痛剤の1種。

Paracetamol(パラセタモール)

パラセタモールシロップ

パラセタモールシロップ

●パラセタモールシロップ(子供用)

用法用量は箱に記載されています。年齢により異なるので、しっかりと読んでから使用してください。

パラセタモール

パラセタモール、イブプロフェンの合剤

●イブプロフェンパラセタモール

イブプロフェン200㎎、パラセタモール325㎎が合わさったカプセル。イブプロフェン400㎎より小さいサイズで飲みやすいです。大人または12歳以上の子供用で、1カプセルを6時間おきに服用(食後)もしくは医師の指示に従って服用すること。痛みや発熱があるときのみ使用する。

Paracetamol(パラセタモール):パラセタモールまたはアセトアミノヘンという。

胃薬

胃薬は、ありますがどっちかというと胃炎向けの薬といった印象です。食べすぎ、飲みすぎなど消化を助ける系のものは店頭では見当たらない…(もしかしたらあるかもしれませんが)

現地の人々は、胃もたれや吐き気などにはオイルを使っています。胃のあたりに塗ったり、匂いを嗅いだりして症状を和らげるものです。塗るオイルの量は数滴で大丈夫!沢山塗ると大変な事になるので気を付けて…(スース―、ヒリヒリする)!

店頭に並ぶオイル(胃に問題がある場合、筋肉痛など様々な用途で使用される)↓

オイル

スース―するオイル

中でもホワイトフラワー(上の写真の左側の白い箱)が人気です。

ホワイトフラワー

ホワイトフラワー

色々なメーカーのオイルがありますが、どれも主な用途は胃の不快感や鎮痛目的として(筋肉痛や肩こり、頭痛など)使用します。現地では頭痛、車酔い対策なんかによく使用されています。現地の人は誰かしらが必ず持ち歩いてる、そんな常備薬です。

日本で言ったら、ハッカ油みたいな感じのものかな~?ハッカ油って知ってますか?(笑)これからの時期に嬉しい風邪予防や、消臭効果、殺菌効果、虫よけ効果などさまざまな使い方ができるんですよ!北のかおり…体験してみてくださ~い(笑)!

整腸剤

整腸剤は…あるのかな?買った事がないので分かりませんが、ヤクルトはこちらにもあります(スーパーマーケット内に)。フィリピン人のお腹はヤクルトに守られている!…と言ってもいいほど、皆がよく飲むドリンクです。スーパーマーケットではよく売り切れています(一人1つまで!とかいう張り紙も見たことある・笑)。

ヤクルト

ヤクルト

私は、ビオフェルミンの顆粒を日本から持参しました。大人も子供も飲めるので助かるんです!しかも美味しい‼子供が味をしめて仮病腹痛つかってくるほど美味しいです(笑)!

タイトルとURLをコピーしました