いざ、フィリピンへ 留学国の選定方法

ボラカイの夕日留学・英語学習
フィリピンで有名なボラカイの夕日。

こんにちは。前回、親子での語学留学を決意したLumpia(るんぴあ)です。

そして、仕事を辞める前から少しずつ留学準備を始めます。今回は、私がなぜフィリピンでの親子留学を決意したか、その経緯をご説明します。

スポンサーリンク

まずは留学する国の選定

留学国の選定に伴い、まず初めにインターネットを利用して留学情報を検索しました私の場合は『親子留学』『家族留学』で検索をかけてみました。

今や『親子留学』というのは珍しくないようでインターネットを通じてたくさんの情報にありつけます。しかし、ほとんどが夏休みなどを利用したショートステイのプラン。長期親子留学を受け入れている国をインターネット上で探すのは至難の業です。

また、親子留学の情報があまりない国が多かったです。実際に行ってみないと分からないことは多いでしょうが、行く前に少しでも情報を知れたら、安心して留学に望めますよね。そういう点で言えば、フィリピンの親子留学に関しての情報は他国に比べて多く、留学をイメージしやすかったです。

一方、単身留学の場合は選択肢が広がります。留学期間や、留学地域、プランも豊富です。留学先で働きながら英語を学ぶことも可能だったりします。

Lumpia(るんぴあ)の場合、子供は置いていくわけにはいきません。
私の目的は家族で留学して英語スキルと、忘れられない思い出をGETすること!!

…実際のところ、留学地の選定にはあまり時間がかからなかったんです。

なぜなら留学に費やせるお金が限られていたから。親子留学ができる地域としては、ハワイやカナダ、オーストラリアなどいくつか選択肢がありました。しかし…問題は留学費用です。ハワイやカナダなどの留学費用は高くて、とてもじゃないけど長期滞在なんてできません!もちろん、なんらかの収入があれば別ですが…

Lumpia(るんぴあ)は今まで頑張って貯めてきた貯金で親子留学に行く予定。退職したらしばらく収入のあてがないので、費用は安く済ませたい!
そこで目にとまったのが、フィリピンだったんです。

フィリピン留学の魅力

フィリピン留学の魅力はずばりコレ!
●留学費用が安い
●英語のレベルが高い
●治安はそこまで悪くない
●日本から近い

留学費用が安い

最低でも2年は、『英語を使う環境』に住みたいと思っていたLumpia(るんぴあ)。それは、自分の中で少しでも英語を定着させたかったからです。費やせるお金も限られていたので、フィリピンの留学費用の安さは本当に助かりました。現在は語学学校をやめ、個人的にアパートを借りて暮らしていますが、物価の安さ(特に住居費、交通費など)にはだいぶ助けられています。語学学校の費用も他国に比べて格段に安いです。

英語のレベルが高い

フィリピンでは英語は公用語として使用されています。テレビやラジオで英語を聞くことも多いです。フィリピンの人たちは語学習得にとても長けているという印象もあります。なぜなら、ここフィリピンには多くの言語が存在し、人によっては何種類もの言葉を話すことができるんです。それ故に、言語の教え方のスキルが高かったり、語学学習の難しさを理解してくれる人が多くいます。

Lumpia(るんぴあ)親子は最初の数か月は、語学学校に通い親子共に基礎から学ぶ必要がありました(特に息子においては、ほぼゼロからのスタートでした)。なので、英語ビギナーに理解があるフィリピン人講師の教育姿勢にはとても助けられました。

治安はそこまで悪くない

フィリピンは思っていたほど治安が悪くありませんでした。特に、私が滞在しているフィリピンのビサヤ諸島にあるイロイロ市という場所はとっても平和な場所です。マニラやセブなどの大都市に比べるとこじんまりとした街ですが、治安がとてもいい。そして、人々がとっても親切です。フィリピン人でも他の地方(マニラやセブ)から来た人が、イロイロ市が一番平和で過ごしやすいと言うほど。だからといって、もちろん油断は大敵ですけどね…!

日本から近い

子供を連れての長旅って、とても緊張しませんか?今回、息子は初めての飛行機だったということもあり色々と心配だったんです。しかし、フライト時間は日本(成田)からフィリピン(マニラ)まで4時間ほどここイロイロまではマニラから乗り換えで1時間半ほどです。日本から近いというのは子連れの私にはとても助かりました。

フィリピン留学がトレンドに?

ちょうど親子留学を検討し始めたころ、TVなどのメディアで『フィリピン語学留学』についての情報を拝見する機会が増え始めていました。

価格で高品質な学習環境や、南国リゾートであるこなどが受けて、語学留学先として人気が出始めた頃だったんですね。

実際にメディアで体験談などを目にする機会も増え始めていたので、フィリピン語学留学の情報を集めるのは比較的簡単でした。今でもフィリピン留学は、若い世代や親子留学、ワーキングホリデー前の留学先としての人気をキープしています。

フィリピンに実際に来て驚いたこと

留学前にフィリピンについて色々と調べていましたが、実際に来てから分かったこと、驚いたことも多かったというのも事実です。いい印象のものから、悪い印象のものまで色々あります。しかし、そこは他国。文化も習慣も日本とは違います。海外を訪ねたときには里に従うのが平和に過ごすルールだと思います。今後、色々と紹介していこうと思います。

フィリピン旅行前に、留学前に、移住前に…
ここ『フィリピン留学の日常』で紹介する情報を役立てて頂けると嬉しいです。また、ちょっとした旅行気分を味わえる記事も書いていこうと思っているので、興味がある方はぜひ覗きに来てください!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 に参加しています。ポチ☆っとしていただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました