TSAロックはフィリピン旅の防犯必需品!必ず用意して! 

TSAロック旅行留学準備・観光
TSAロックとは?

海外旅行グッズ売り場にある商品、例えば旅行用カバンや、旅行カバンベルト、防犯用品などについている「TSA」マーク

 

 

上の南京錠についている赤い菱形のマークのことです。このマークの意味をご存じですか?

 

 

海外旅行の防犯に役立つ、このTSAロック。

 

 

【TSAロックとは何なのか?】海外旅行時の【TSAロックの効果的な使い方】をご紹介します。

 

 

 

海外は日本と違い、スリや強盗が多いです!

 

 

日本で過ごしていると荷物管理が緩くなりがちですが、これからは外国人観光客の流入によって日本でも気をつけなければならない時代が来ると思います。

 

 

TSAロックを手に入れて日頃から荷物管理をしっかりできるように意識しましょう。

 

\この記事を読んで分かる事/

TSAロックとは【TSAロックの本来の役割】

フィリピンでのTSAロックの活用法【実例と対策】

フィリピンでの盗難被害について【狙われやすい物品】

 

スポンサーリンク

TSAロックとは?

カバンのカギ

旅行時の防犯対策

 

TSAロックとは:米国運輸保安局から許可を受けた先進のロックシステムのこと。

 

米国での搭乗手続きの際、荷物のロックをしてはいけません。

 

仮にロックしていた場合は、局員が必要に応じて施錠を破壊してもいいという決まりがあるんです。

 

 

旅行の本番前に旅行鞄を壊されたらショックですよね!

 

 

しかし、このTSAマークがついたロックは壊さずに特殊な合い鍵で開けてくれるそうです。

 

 

アメリカだけでなくグアムやサイパンなどの米国領土を含む決まりなので、旅行グッズとして購入するならこのマークがついている物にしましょう!

 

 

フィリピンでTSAロックは活躍するのか?

フィリピンでは

フィリピンでは…?

フィリピン入国の際、空港内で荷物チェック中にロックをかけていたから鍵を壊される…といった話は聞きません。

 

 

必要があれば、開けるように指示があるでしょう。

 

 

米国のロックシステムとは何ら関係ない国ではありますが、フィリピンでの南京錠は必需品です!

 

 

何故なら、フィリピンでは、盗難被害がよく起こるからなんです。

 

これは外国人観光客に限らず、現地人も同様に標的になっています。

 

特にiPhoneやiPad、金製品(アクセサリー等)は泥棒の標的になりやすいです。

 

少し目を離したすきに盗まれ、すぐに売り出されるといった手口が多いです。

 

盗難されたものを取り戻すのは不可能です。

 

 

とくに平和な国、日本で育つと防犯の意識が低くなりがちです。

 

荷物を席に置いて立ってしまったりするのは本当に危険です。

 

 

荷物にTSAロックや南京錠をつけてちらつかせる事は防犯にも一役買います。

 

 

荷物には必ずつけましょう。

旅行地や留学地の目的地がどこであろうと、海外旅行にはTSAロックのマークがついた商品を使用しましょう。
※南京錠だけでなく、旅行カバン、スーツケース、スーツケースベルトも含みます。

 

 

いずれ米国絡みの国に行くこともあるかもしれませんし、使いまわせるように賢く買い物をしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました